スピリチュアル・自己啓発 パーフェクトバイブル

心の悩み・願望 あなたが求める答えはどこにあるのか?

仕事がうまくいかない

仕事がうまく
いかない
と感じる理由

多くの人にとって、人生の大半を占めるのが仕事です。したがって、仕事がうまくいかないといことは、人生の大半がうまくいなかいということと、同じ意味になるかもしれませんね。逆に言えば、仕事がうまくいけば、人生の大半がうまくいくということにもなります。そう考えれば、何か明るい気持ちになってきませんか?前向きな気持ちになって、ぜひ解決する方法を見つけてください。

仕事の優先順位を軽視している…

会社にいると、次から次へと仕事が舞い込んできますよね?同時に2つ程度ならまだしも、常に、同時に5つも6つも仕事が入ってくる人もいるでしょう。
5つ、6つの業務を並行してできるなら、それに越したことはありません。でも、そのようなスーパーマンは、社内にも数えるほどしかいないでしょう。もしあなたが並行業務に慣れていないならば、それを責めるのはやめてくださいね。ほとんどの人が同じですから。
ただ、きっとあなたにもできるのに中途半端になっているのが、仕事の優先順位付けではないでしょうか?すべての仕事に納期がある以上、仕事の優先順位は最重要視すべきポイントです。
優先順位が自分で判断できなければ、上司に聞けば良いだけ。正しい優先順位通りに仕事をやるだけでも、一気に「仕事のできるやつ」に変身できるかも知れませんよ。

仕事のミスから委縮して行動が停止している…

入社以来、一つのミスもなく出世していく人間など、どこにもいませんよね。それは分かると思います。あなたの会社の社長さんも、若いころはもちろん、今でもたくさんのミスをしているはずです。
人は、ミスをすると落ち込みますよね。自分は仕事のできない人間だと思い込んでしまいます。でも、この思い込みは、同僚も社長もみんな通過している儀式のようなもの。そこで委縮する必要など、本当はないのです。
でも、性格的な面もあって、きっと委縮してしまう人も多いでしょう。委縮して構いません。委縮したまま、次の仕事、次の行動を確実に行なってください。委縮をきっかけに思考停止、行動停止になってしまうと、本当に仕事ができない人間になっていくので注意してくださいね。

壮大な目標を持ちながらも、目先の目標設定が弱い…

仕事上の大きな目標を持ち、それを成功させた人は「仕事ができるやつ」と評価されます。あなたも入社早々のころは、きっと壮大な目標を持ち、それに向かって頑張っていたことでしょう。いや、今現在でもその目標を追って頑張っているかも知れません。
でも、遠くの大きな目標ばかりを見ていると、実はなかなか前進しないという逆説があります。前進するためには、大きな目標を達成させるために必要な、目先の小さな目標を確実に成功させることです。
今年度こそ営業数字1000を達成させる!と大きな目標を掲げたら、その目標を毎日の目標に小分けしてみてください。すると毎日の目標がとても小さなものになります。小分けされた小さな目標だけを見て、毎日着実に達成させれば良いのです。
仕事がうまくいかないと感じている方は、目標が小分けされていないのかも知れませんね。

「時刻」ではなく「時間」で仕事をすると生産性が下がる…

上司から「その仕事、どれくらいかかる?」と聞かれたときに、どのように応えていますか?「1時間くらいで終わります」「明日には終わります」「1週間で終わらせます」などと応えていませんか?
どんな仕事をするにも時間がかかるわけですが、「1時間」「明日」「1週間」などのように、時間の発想で仕事をすると生産性が下がります。その結果「自分は仕事ができない」「仕事がうまくいかない」と頭を抱えてしまうこともあるでしょう。
仕事は、時間ではなく時刻・日時を基準にしたほうが良いですよ。上司から「その仕事、どれくらいかかる?」と聞かれたら「14:45までに終わります」「25日の12:00までに終わらせます」と応えるのです。深く考えずに適当な時刻を応えておけばOK。時刻のタイムリミットを設けると、人は無意識でその時刻に合わせて段取るようになるものです。

自分は仕事ができない人間だと誤解している…

仕事がうまくいかないと感じているあなたは、きっと真面目なのかも知れませんね。与えられた仕事に人並以上の責任を感じ、寝ても覚めても仕事のことばかり考えてしまう体質かも知れません。
仕事に真面目であることは、とても良いことです。そのような意識を持っているだけでも、いい加減に仕事をしている同僚よりも遥かに生産性が高いはずです。普通の上司であれば、口には出さなくても、そんなあなたをしっかりと見ています。
ただ、あまり真面目すぎると、仕事が完璧に仕上がらなかったときに「自分は仕事ができないやつだ」と自分で誤解してしまう可能性がありますので注意してください。
仕事がうまくいかないと悩んでいるあなたは、もしかすると完璧主義な性格なのかも知れませんね。

仕事がうまくいかない場合の解決方法

解決法

1

仕事の型を作り、仕事をその型に落とし込む

仕事で失敗が多い人によく見られるパターンとして、いつも仕事のやり方や段取りが違っている、というものがあります。
もちろん、二つとして同じ仕事はないので、多少はやり方や段取りが違っていても良いのですが、概ねどんな仕事でも、ある程度決まった型に落とし込むことは可能です。営業でも企画でも総務でもマネージャー業務でも、どんな職種でも型を作ることはできます。
型の大切さは、体感した人にはよく分かるでしょう。仕事のスピードがまったく違ってきます。仕上がりの精度もかなり上がります。逆に仕事をやっている本人には、さほど頑張っている自覚もありません。それが型の凄さです。
自分が普段やっている仕事の3割、4割程度でも良いので、共通の型を作ってみてください。それだけでも仕事の生産量や成功率は大きく違ってきますよ。

解決法

2

体力をつけて頭の働きを良くする

仕事がうまくいかないときによく見られる例として、体力の低下があります。「そんな簡単な話ではない」と怒られそうですが、これは真実ですよ。意識的に体力作りをしていますか?無理なダイエットなどしていませんか?
人は体力が落ちると、気力が湧かずに健全な思考ができなくなります。あるいは、朝食を抜くと脳の栄養素である糖質が不足して、頭の回転が悪くなります。健全な思考ができない状態、あるいは頭の回転が悪くなった状態で仕事をすれば、失敗する確率が高くなることは当然ですよね。
健全な肉体が健全な精神の土台となることは、医学的にも証明されていること。今一度、あなた自身の体力と向き合ってみてくださいね。
体力に自信がない人は、週に何度かウォーキングをしてみてはいかがでしょうか?気分転換にもなり、脳に良い働きをもたらしますよ。

解決法

3

たくさん仕事をして、うまくいった「量」で勝負する

もしあなたが100の仕事のうち50の仕事に成功するとします。一方で仕事ができるという同僚は、100の仕事のうち80に成功するとします。この場合、会社はあなたよりも同僚を評価しますよね。
では、仮にあなたが、同じ期間で200の仕事をしたとしましょう。成功率が50%ですから、成功した量は100になります。同僚の80と比べて、あなたの成功量が勝りました。会社はどちらを評価するでしょう?
マネージャーが部下に対して第一に求めているものは、生産量です。仕事の効率の良さ、成功率の高さよりも、生産量が会社を発展させるからです。たとえ成功率が低くても生産量が多いならば、同僚よりもあなたが評価されます。また往々にして仕事の量を増やすと、仕事の成功率も上がっていくものです。少し大変ですが、頑張れる人は頑張ってみてくださいね。

解決のヒントになるキーワード

コーチングとは、目標達成やパフォーマンス向上を目的にして、対象者のモチベーションを引き出して、より積極的な行動を促すコミュニケーションスキルのことです。このようなコーチングを受ければ、仕事の目標が達成できない人にはその達成に向けた近道になり、やる気が起きない人にはやる気が起きるエッセンスをもらえるかもしれません。仕事に関するコーチングセミナーを探してみるのもよいでしょう。

瞑想には、本当にさまざまな効果・メリットがあると言われます。そのさまざまな効果の中には、「仕事がうまくいかない」という悩みをもつ人にもぴったりと考えられる効果が多くあるのです。以下に、一覧にしてみました。

  • ストレス軽減
  • 疲れにくくなる
  • 集中力向上
  • 平常心が備わる
  • 仕事や日常において効率が良くなる
  • 直観力が備わる
  • タイミングが良くなる
  • 創造力アップ
  • 人間関係が良くなる
  • 自信がつく

自己啓発・能力開発系の本を読んだり、セミナーに参加したりして勉強をするのも良い解決策と言えるでしょう。自己啓発系セミナーのテーマはさまざまあり、仕事に関するものだと、営業スキルを上げる・集客スキルを上げる・時間を管理する・マネジメント力を高めるといったテーマが挙げられます。とくに「頑張っているのに結果が出ない…」という人は、自分の仕事の分野にかかわるテーマで勉強してみはいかがでしょう?

コーチングに関連するおすすめ情報

おすすめのCD/DVD

「心のブレーキ」の外し方 1週間徹底コーチングプログラム

「心のブレーキ」の外し方 1週間徹底コーチングプログラム

引用元:フォレスト出版(http://www.forestpub.co.jp/b7/)

潜在意識のスペシャリストであるカリスマセラピスト・石井裕之氏がパーソナルコーチとなり、たった7日間であなたを“理想の自分”に生まれ変わらせる!読む・聴く・課題の実践・記録の4ステップを1週間行い、潜在意識を味方につけて自分を成長させるプログラムです。

苫米地式オールライフコーチングプログラム

苫米地式オールライフコーチングプログラム

引用元:フォレスト出版(http://www.forestpub.co.jp/tc-it/)

天才脳機能学者・苫米地英人による、仕事・趣味・健康・家族・恋愛など人生すべてに効果をもたらす集大成メソッド。

独自のトレーニング法により、抽象度の高い思考ができる脳に変え、人生のすべてにおいて成功できるよう設計された非言語式コーチングシステムです。

メディテーション・瞑想に関連するおすすめ情報

おすすめの本

世界のエリートはなぜ瞑想をするのか

世界のエリートはなぜ瞑想をするのか

引用元:フォレスト出版 (http://www.forestpub.co.jp/books-detail.cfm?ItemCode=B-1725)

グーグルにアップル、ビル・ゲイツにイチロー選手…有名企業や、世界を舞台に活躍する一流たちが、貴重な時間を割いてまで習慣化している「瞑想」。その効果は、科学的にも実証されています。本書では、忙しくても毎日気軽に取り組める、ビジネスパーソン向けの瞑想を紹介。ぜひこの機会に瞑想の習慣を取り入れ、成功と幸せを掴みましょう!

おすすめのCD/DVD

密教脳開眼の奥義

密教脳開眼の奥義

引用元:フォレスト出版 (http://www.forestpub.co.jp/mikkyou/)

このプログラムを受講すると、あなたの手元に“ある特別な法具”が届き「密教」を実践することができます。密教は現世利益を徹底肯定し、それをもたらしてくれるもの。ヒトラーはじめ多くの権力者が虜になり、そのパワーを我が物にしようと腐心した事実からも明らかです。そんな不思議な密教パワーを、科学的観点からプログラムしたのがこの商品です!