人間関係に疲れた理由から解決方法までを徹底リサーチ

スピリチュアル・自己啓発 パーフェクトバイブル

心の悩み・願望 あなたが求める答えはどこにあるのか?

人間関係に疲れた

人間関係に
疲れたと
感じる理由

どうして「人間関係に疲れた」と感じてしまうのでしょうか…?まずは、その理由を自分の中で理解しておくべきかもしれません。自分が人間関係に疲れたと感じてしまった理由をきちんと明確にするだけでも、心が少しラクになる可能性もあります。

人に気を遣いすぎて、自分を抑え込んでしまう…

職場や友人関係、家族など、周囲の人たちに気を遣い過ぎてしまい、自分が言いたいことややりたいこと、伝えたいことなどを我慢してしまいがちな人は、人間関係に疲れやすいタイプかもしれません。自分を抑え込んでばかりいると、疲れるのはもちろん、なかなか良い人間関係も築きにくいものです。

嫌いな人が多い、人の嫌なところばかりが目についてしまう…

周りに嫌いな人・苦手な人・合わない人が多いと、どうしても疲れてしまいますよね。思い当たる節があるという人も少なくないのではないでしょうか…?そのような人の場合、たとえ環境が変わったとしても、やはり嫌いな人や苦手な人をつくってしまうケースが多いようです。他人の欠点が目に付きやすいのかもしれません。

他人から「こう思われるんじゃないか」など考え過ぎてしまう…

「人間関係に疲れた」と感じてしまう人には、他人の目を気にし過ぎたり、周りの人からどう思われるかを気にし過ぎて、自分の意見や主張を出せない人が多いようです。1つ目のポイントで挙げた「人に気を遣いすぎて、自分を抑え込んでしまう…」という理由にも近いと言えるでしょう。

人間関係に疲れた場合の解決方法

解決法

1

「引き寄せの法則」で嫌いな人を寄せ付けない。

「引き寄せの法則」というのは、自分が考えたことは何らかの形ですべて実現する、つまり自分に起きる事柄はすべて自分のイメージから発生していると考える法則ですが、この法則は人間関係にも活用できます。嫌いな人のことを「ここが嫌だな」「ここが苦手だな」と考えている時間が長ければ長いほど、自分の潜在意識はその人の嫌いなところで支配されます。もしその嫌いな人とお別れできたとしても、また同じような人が寄ってくるのです。嫌いな人のことを考える時間はマイナスにしかならないと考えましょう。

解決法

2

自分の中のトラウマが関係していないかを考える・克服する。

もしかすると、あなたの人間関係がうまくいかないのは、過去のトラウマが原因になっているのかもしれません。何か、自分の中で思い当たる節はありませんか…?もし、思い当たることがあるのであれば、そのトラウマを克服するように心掛けてみることも、1つの方法になるかもしれません。トラウマの克服法は色々ありますが、まずはトラウマに関する本を読んで勉強してみるのが手軽でおすすめです。

解決法

3

「ヒーリング」で自分の心身を癒してみる。

目に見えないエネルギーを活用して心身を癒すのが、スピリチュアル的な意味でのヒーリング。とくに「エンジェルヒーリング」は、守護天使と繋がることにより日常のさまざまなシーンで調和・癒しをもたらしてくれます。あなたを守ってくれている天使のメッセージに耳を傾ければ、人間関係も上手くいくようになり、日常に平和が訪れるかもしれません。

解決のヒントになるキーワード

大きな精神的ショックや恐怖が原因で起こる心の傷、精神的外傷。精神的外傷が突如蘇るフラッシュバックなど特定の症状があり、持続的苦痛を伴う場合は急性ストレス障害と言える。また「PTSD」になる場合もある。

本人が望む・望まないにかかわらず、その人が考えたことは何らかの形ですべて実現するという考え方。自分に起きる事柄はすべて自分のイメージから発生しているとも言い換えられる。

スピリチュアルの世界における「ヒーリング」は、“目に見えないエネルギーを活用して心身を癒す方法”を指すのが一般的。エンジェルヒ―リングは、守護天使や大天使とつながることで日常のさまざま場面において調和・癒しをもたらすもの。