スピリチュアル・自己啓発 パーフェクトバイブル

心の悩み・願望 あなたが求める答えはどこにあるのか?

自分を変えたい

自分を変えたい場合の解決ヒントや方法

自分を変えるためにはポジティブな目標をかかげて意識をリライトしていく

自分自身の理想に近づくために、まずポジティブな言葉で認めてみましょう。諦めやネガティブな言葉や思考のままでは変化はおとずれません。「こうなりたい」という思いと、すでにその状態になっている自分を想像してみましょう。より具体的な目標をかかげていけば、自分の意識を上書きして変わることもできるのです。

解決のヒントになるキーワード

「自分は何をやってもだめだ。」といったような否定的な考えを持っていると自分を変えることは不可能です。まずは、この否定的な考えを追い出すことから始めましょう。それには、アファメーションが有効です。
効果的なアファメーションのポイントは、「自分がなりたい(叶えたい)と思っていること」を「現在形の言い方」で唱えることです。
例えば、「幸せ」という漠然とした願いでも、「幸せだった(過去形)」や「幸せになる(未来形)」という言い方をすることができます。アファメーションでは、これを「幸せになっていっている(現在形)」の言い方で言い聞かせることが大切だということです。
自分の頭の中で言い聞かせるのが難しいようであれば、口に出してみたり紙に書き出したりすることもいい方法です。否定的な考えやネガティブな思考を自分の中から追い出していくことも、自分を変えるために大切な要素となります。

人の頭脳は、過去の経験をもとに言語や行動がプログラミングされています。驚いたことに、このプログラミングはコンピューター同様に書き換えることが可能で、これをNLPといいます。
NLPは速攻性が高く、そして汎用性もあります。「自分を変えたい」という気持ちの根っこにある願望に直接働く方法のため、うまくはまればかなり高い効果を得ることができます。「自分を変えたい」と思う理由は様々なものがありますが、そのほとんど全てに対応できる心理法なのではないでしょうか。
自分を変えたいと思う理由のひとつとして、悪い習慣を治したいというものがあります。上で例に挙げた“先延ばしにするクセ”や、“過度な飲酒”、“ヘビースモーキング”などもそれにあたりますね。NLPはこういった悪習感の改善に最もアタックしやすい方法です。自分の思い描く自分を、自分自身でリプログラムしてみましょう。

自分を変えるための方法を一番手軽に始められるのは、心や能力の成長を促す、自己啓発や能力開発のための本を読む、もしくはセミナーに参加することです。思考が感情的から論理的になり、冷静に考え、素直に次の行動に移れるようになれます。
自己啓発や能力開発には、スピリチュアル方面だけではなく、ビジネス系のものも多く存在します。一見相容れないジャンルかもしれませんが、自身のメンタルや考え方をブラッシュアップさせるという意味合いにおいては、両者はかなり近しいものでもあります。もし、“自分を変えたい”と思っている理由がお仕事にも関係しているのであれば、ビジネス系の自己啓発法を探してみるのもいいかもしれません。ビジネスのノウハウだけではなく、精神論や思考の方法など、自分の内側に効く方法も見つけられることでしょう。

自分を
変えたいと
感じる理由

今の自分に満足している限り、成長はありません。成長を望む人は、人生のどのステージにおいても、自分を変える必要があります。だからこそ「自分を変えたい」と思うことは、成長を望んでいる証。どんな理由で「自分を変えたい」と思うにいたったかは別として、まずはその気持ちを大切にしてくださいね。

周囲の人たちよりも自分は劣っていると感じている…

自分を変えたいと思っている人の中には、自分は周囲の人たちよりも劣っている、と感じている人が多いようです。仕事で連続してミスをしてしまったり、周囲になかなか溶け込めなかったりして劣等感を抱き、なんとか今の自分を変えたいと思うのでしょう。
このような気持ちに陥るのは、決して珍しいことではありません。どんな人でも、程度にこそ差はあれ、一度や二度は陥ってしまう心理状態だと思います。ただ、その状態があまり長く続いてしまうのは、問題かも知れませんね。
きっとあなたは、繊細で優しい心の持ち主なのでしょう。その繊細さ、やさしさは、周囲に対して害を与えることはありません。むしろプラス要素です。その点は安心してください。ただ、あなた自身のために、劣等感を早めに打開して、前向きで力強く生きていけるようにしたいものです。

困難に直面して、出口が分からない…

仕事や恋人、家族などの問題を抱え、これを今の自分の力で乗り越えるのが難しいとき、大きく自分を変えて困難に打ち勝ちたいと思う人もいるでしょう。そのように思う気持ちは、とても大切。なぜなら多くの人は、「自分を変えて困難な状況に打ち勝つ」という発想ではなく、「困難な状況に陥ったのは周囲のせいだ」と考えて、何も行動しなくなる傾向があるからです。きっとあなたは、前向きで力強い性格の持ち主なのでしょうね。
その気持ちを変える必要はありませんよ。ぜひ自分を変えて、困難な現状を克服してください。そんな力強いあなたに、周囲はきっと尊敬の眼を向けるでしょう。その姿勢で努力していれば、やがて周囲があなたに協力をしてくれるかも知れません。

夢や目標を失ってしまった…

大きな夢や希望を持つことは、とても良いこと。でも、その夢や希望がなかなか実現しないと、徐々に力を失っていくことがありますよね。そのうち当初の夢や目標を忘れてしまい、日常の中心がルーティーンワークになってしまう。そして、ふと立ち止まって今の自分を見つめ直したとき、「このままではいけない」「自分を変えてもう一度頑張らなければ」という思いがこみ上げてきます。
多くの人がルーティーンワークに収まっている中、あなたは改めて自分の夢や希望を見つめ直しています。とても素晴らしいことですね。その思いを排除する必要はありません。
ただ、あまり現状に焦り過ぎると、しばしば努力が空回りしてしまうことがあります。焦らず、まずは現状の自分を具体的に見つめ直すことからスタートですよ。

人生の分岐点で大きな挫折・失敗をした…

「大きな失恋を経験した」「就職活動に失敗した」「資格試験が不合格だった」などなど、人生の大きな分岐点で失敗や挫折をしたとき、人は大きく落ち込みます。立ち直れないほど落ち込む人もいるでしょう。その一方で、挫折や失敗を乗り越えるためには、今の自分を変えなければならない、と前向きに考える人もいるはずです。
大きな挫折・失敗の後に気持ちが沈み込むのは、いたって当然のこと。しかしながら、その挫折・失敗を抱えながら、以後どのように行動していくかは人それぞれです。自分を変える必要があるかどうかは状況にもよりますが、少なくとも、自分を変えようと考えること自体、人生に前向きになっている証拠です。失敗を活かして、より大きな成功を目指したいものですね。

今よりもっと大きく羽ばたきたい…

周囲に対する劣等感を持っているわけもなければ、夢や希望を失ったわけでもなく、単に「今よりももっと大きな人間になりたい」と考えている人は、かなり多いでしょう。
現状に大きな不満があるわけでもない人が、より大きく羽ばたくために「自分を変えたい」と思うならば、それはとても頼もしいことですよね。自分にとっても、周囲にとっても、あなたのその思いはプラスとなります。大切にしてください。
自分を変えるためには、まず自分の現状を具体的に知ることが大事。同時に、行動することが大事。ムダな動きをとらないよう、ぜひ下で説明する「自分を変えたい場合の解決方法」を参考にしてみてください。

自分を変えたい場合の解決方法

解決法

1

今の自分がどんなものなのかを知る

自分を変えたいという気持ちは、人が成長するうえでとても大事。でも、自分のすべてを変える必要はないかも知れませんよ。そもそも、すべてを変えることは、不可能ですよね。
まずは、自分のどこを変えるべきなのかを、明確にしてみませんか?変えたほうが良い部分と残しておいたほうが良い部分を明確にする、ということです。そのためには、現状の自分がどんなものなのかを知る必要がありますよね。
現状の自分は、過去の蓄積から出来上がっています。まずは、あなた自身の過去を振り返ってみてください。過去の経験がどのように現在の自分に影響を与えているのかを考えることで、今の自分を客観的に見ることができるでしょう。自分を客観視することが、自分を変えるための第一歩です。

解決法

2

自分を変えるために必要な行動をリストアップする

現在の自分を客観視できたら、今度は、どのような自分になりたいのかを具体的に考えてみてください。漠然と「自分を変えたい」と願うのではなく、どのような自分に変わるのが理想的なのかを、しっかりとイメージします。
なりたい自分を具体的にイメージできたら、客観視した自分と比較し、これから具体的に何をしていくべきか(行動)をリストアップしてください。このリストは肌身離さず持ち、毎日眺めて自分の頭の中に刷り込んでしまいましょう。暗記するというよりも、潜在意識に刷り込むといった感じです。
自分を変えるためには行動が不可欠ですが、リストを頭の中に知り込んでしまえばムダな動きが少なくなります。

解決法

3

リストアップと同時に行動し、行動してから悩む

ここが一番大事ですよ。リストアップを開始すると同時に、すぐに行動してください。リストが完成してから行動するのではなく、リストの作成と行動を同時に行なうのです。同時に行なうことが難しいという人は、行動した後にリスト作成をするという順番で。
行動しなければ見えてこないものがたくさんあります。むしろ、世の中のほとんどは、そして自分自身のほとんどは、行動の結果からしか見えてこないでしょう。
自分を変えたいということは、言い換えれば自分の未来を変えたいということ。頭の中だけで未来を変えることはできません。未来を変えることができるは、良くも悪くも行動だけです。考えてから行動するのではなく、行動してから考えるクセを付けるようにしてみてください。

自己啓発・能力開発に関連するおすすめ情報

おすすめのCD/DVD

「努力の選び方」井上裕之著

「努力の選び方」井上裕之著


 

引用元:フォレスト出版(https://www.forestpub.co.jp/author/inoue/book/B-1723)

「捨てるべき努力」を見決めれば自分は変わる!
「自分は何をやってもだめだ」と考える人の多くは、毎日を一生懸命に生きています。頑張って努力しているにもかかわらず、なかなか成果が現れず、「きっと自分が不甲斐ないせいだ」と感じてはいませんか。現状を打破するには、自分が変わらなくてはいけないといった焦燥感に包まれつつも、その解決法がわからないまま過ごしているのかもしれません。この本の著者である井上裕之氏は、そんな人のために自分が変わるための最も簡単な方法を教えてくれています。それは、努力すべきことと捨てるべき努力を見極め、本当に必要な努力だけをおこなうといった方法です。自分を変えるには、思考を変え行動に移すこと。無駄な努力を捨てる習慣をこの本から学び実行すれば、あなたもきっと変われるはずです。

ブレイクスルー

「ブレイクスルー」ジャネット・アットウッド / マーシー・シャイモフ / クリス・アットウッド /ジェフ・アフレック 著 鶴田豊和 訳

引用元:フォレスト出版(https://www.forestpub.co.jp/author/janet_attwood/book/B-1653)

自分を変えたいのなら、自ら奇跡を起こして自分を変えればよい この本を訳した行動心理コンサルタントの鶴田豊和氏はいいます。「自分を変えようとする必要はありません。本来の自分の人生を歩んでください」と。自分を変えるにはまず行動からといった概念が、一瞬にして打ち破られるかのようなエデュケーションですが、本質はすべてこの本に描かれています。それは、自らを変えようと頑張るのではなく、自分の直感、インスピレーションを信じて選択し行動することにより、ごく自然な形で奇跡というものが起こり、夢や目的の実現が可能になるというものです。奇跡は起こるものではなく、自らに従い、起こすものだったのです。
この本の著者たちは、実際にそれを行い、成功を掴んだ実現者たちです。それだけに説得力があり共感を覚えることが、読み進めるうちに感じるはずです。どんな成功者でも、始めから成功していたわけではなく、私たちと同じように、人生がうまくいかず自分を変えたいという思いに駆られた過去を持っています。しかし彼らは、自分を変えることではなく、自分を信じて行動を起こしました。自らの心に従い、行動しただけです。人はそれぞれ目的を達成するための種を持っていて、その種の本質は、結局自分にしかわからないのです。この本を手にした瞬間から、あなたはもう、ブレイクスルーの入口に片足を踏み込むのかもしれません。

NLPに関連するおすすめ情報

おすすめのCD/DVD

コミュニケーション・マスタリー

コミュニケーション・マスタリー

引用元:フォレスト出版(http://www.forestpub.co.jp/cm/)

世界的なトップコーチとして知られるマイケル・ボルダックが、自分を、そして他人を巻き込んで“成功へと動かす技術”を直伝!相手と自分の心を動かし、成功と幸せを加速させるコミュニケーション術が明かされます。望み通りに、いつでも好きなだけ自由自在に「他人」と「自分」をコントロールできる人生を楽しんでみたくありませんか…?

more
more