スピリチュアル・自己啓発 パーフェクトバイブル

波動

波動とは?

物理学の世界では、ある物質が決まった周期で伝わる様子のことを取り扱います。しかし、スピリチュアルの世界においての波動は目に見えない物にも未知のエネルギーがあると考えられています。それらが放つエネルギーは影響し合って存在しているのです。

波動を意識的に活用することでよい運勢を引き寄せよう

日常の様々な場所や自分自身の思考もそれぞれに波動を持っています。波動は互いに共鳴するので、ネガティブな波動には同じものが引き寄せられてしまいます。自分の意識や思考、身の回りの波動をポジティブに変換し、よい運勢を引き寄せていくことができるでしょう。

point1

波動の性質を理解する

波動には、「共鳴」「非共鳴」「コントロール」「フィーバー」の4つの性質があります。
共鳴は、同じ波動を持つ人同士が互いに惹かれあい、一体化しようとすること。対して非共鳴は、違う波動を持つ人同士が離れようとすることを言います。
コントロールは、強波動を持つ人が弱い波動の人を操作しようとしたり、包み込んだりしようとすること。社会的地位のある人が多くの人を従えたりするのと同じです。
フィードバックは「自分が出した波動は、必ず自分のところへ返ってくる」ということ。自分の発言や行動をする際は、心を込めて行うよう意識しましょう。

point2

良い波動と悪い波動がある

良い波動と悪い波動を理解するのはとても大切なこと。良い波動のときは、偽りのない自分を生きている状態。対して悪い波動は、ウソをついたり、イライラしたりしている状態です。「もしかしたら今、悪い波動かも…」と気づいたら、現状に感謝する心を持ったり、森林浴や海など自然がある場所に出かけたりするといいでしょう。そうすると、ノイズのないキレイな波動になり、精神状態が安定したり、運が良くなったりするなど、さまざま効果をもたらします。

point3

波動を対象物に宿す

波動を活かすために、「身の回り物に波動を込める」という方法があります。この方法はほとんどの人が無意識に行っており、それを使って「自分だけの開運グッズ」も作れます。たとえば、コップに入った水を持って「この水を飲んで健康になる!」と念じながら、自分の波動を水に移すイメージをすること。自分の波動が込められている水なので、相性も良く、吸収もよくなります。ただし、マイナスの感情を持って行うと悪い波動も一緒に宿ってしまうので、そこは注意が必要です。

知っておきたい波動のポイント

波動を使いこなして豊かな人生にしよう!

波動を使いこなすために知っておいてほしいポイントは「考えない」こと。
人は毎日いろいろなことを考えながら生活をしています。ですが、実際に自分の頭で考えられたものではありません。思考というのは、波動によって変わるもの。人は、波動が低い場所にいればネガティブ思考になり、高い場所にいるとポジティブ思考になるのです。それほど人間の考えというのはブレやすく、不確かなものなのです。しかし、人は何かにトライするとき、頭を使おうとしてしまいます。思考は過去の起きたことをもとに組み立てられるので、最終的には現状維持の選択をしてしまいがち。それでは正しい選択ができず、人生を変えることができません。自分の理想とする人生を送るには、波動をコントロールしながら思考をやめることが大切です。

波動の実践方法

自分が波動を発するには「強波動」になる必要があります。強波動は、波形の振れ幅が大きくエネルギーが活発になっている状態のことで、自分の意識や努力次第でなることができます。
強波動になるためのおすすめ方法は「瞑想」「良い波動の人と仲良くする」「呼吸法」は3つ。

瞑想

瞑想を取り入れると、精神や感情を整えることが可能。ノイズのないクリアな波動を発することで、良い運を引き寄せられます。瞑想する時間は、1日5分~10分程度で問題ありません。継続して行うようにしましょう。

良い波動の人と仲良くする

強波動を持つには、人の関わりがとても重要です。ウソをつく人や誠実でない人と付き合うと波動が乱れてしまい、自分に悪影響を及ぼします。人と関わるときは「波長が合う」と感じる人と付き合うようにしましょう。「あの人から学ぶべきことがたくさんあるけど合わないな…」という人と無理に出会わず、「この人良いかも」と直感的に良いと感じた人に会うようにすると効果的です。

呼吸法

意識を集中して深く呼吸をすると、心身ともにリラックスし、より強い波動を発することできます。腹式呼吸や丹田呼吸法は、お腹や腹筋の奥に意識を集中できるのでおすすめです。

以上の3つが強波動になるための方法です。
ただし、強波動=良い波動ではありません。強波動の人が腹を立てたり、誰かを操ろうとしたりすると、悪い波動が発せられて周囲に悪影響を与えてしまいます。良い波動と強波動は別モノだと理解しましょう。

波動の歴史

波動の歴史は数千年だと言われています。古来、西洋および東洋において見えない力やエネルギーについて素朴な疑問が生まれ、多くの文化圏で、生命の現象は化学だけでは証明できないとされる概念「生気論」が誕生しました。その後、中国では「気」、インドでは「プラーナ」といった形で、世界中に広まっていきます。
中国の医学には古くから伝わる生薬や鍼灸などいろいろな治療法がありますが、これらもすべて波動の調整を目的とするもの。中国の健康法でお馴染みの「気功」や「太極拳」も波動を整えるものですし、薬膳もそのひとつです。そのほかにも、インド発祥のオイルマッサージやヨガ、ラマ僧によって伝えられるチベット医学、アラビアに伝わるユナニ医学などがあります。
このように波動は、さまざまな医学で利用されています。現在は波動を測定・調整できる機器もあるので、興味のある人は試してみると良いでしょう。

波動の効果

波動を高めると、良い運を自分に引き寄せることができ、充実した人生が送れます。そのためには、ノイズのない良い波動をキープすることが大事。イライラや悲しいと言ったネガティブな感情は捨て、楽しいや嬉しいと言ったポジティブな感情を持ち続けることで、自分にもプラスの運気が集まってくるのです。他者を比べて「自分は人より運のない人間だ」と考えてしまう人もいるでしょう。しかし、他人に劣等感を抱いている間は波動が低い状態にあり、運を引き寄せることができません。幸運というのは、自分の努力で引き寄せるもの。自分が発信した波動は自分に戻ってきます。普段から「愛」のある行動をしていれば、その愛は自分のところに返ってくるのです。

波動の実践例

日々の業務に追われ、体はもうボロボロの状態…。どうしていいかもわからず悩んでいたところ「波動アップセミナー」の広告を見つけました。最近は波動が低い場所に居ると感じていたので、参加してみることに。すると、日々の残業で疲れ切っていた体がスーッと軽くなり、心身ともに癒されたのです。久しぶりにやすらかな時間を過ごすことができました。波動のセミナーを受けてからは、仕事でも良いことがあり、良い運気が流れている気がします。この調子で波動を高めて、自分に良い流れをどんどん引き寄せたいです。

関連するキーワード

意識の状態が引き寄せを決定付ける

人や物、この世界にあるもの全てはエネルギーを持っており、そのエネルギーが発する振動を「波動」と呼びます。目に見えるものだけでなく、意識や想いもこのエネルギーを持って周りに影響を与えています。そしてこの意識のエネルギー状態によって、同様の波動を引き寄せることになります。これは「引き寄せの法則」と呼ばれるもので、あなた自身が良いエネルギーを発すれば周囲にも良い波動が集まります。もし自身の持つ波動が悪いものであればネガティブな気を集めてしまうので、それを改善する必要があります。良い波動を起こすためには、潜在意識が幸せを感じて満ち足りた状態にあることです。「私は満たされている」と無意識が感じることで、体内から発せられる波動が良質なものに変化し、さらに満たされた世界を見ることが出来るのです。

雑念を払うのに適した方法

瞑想は座禅を組み、姿勢を正して、呼吸を整えることです。こうすることで頭の中の雑念が無くなり、その間に意識の交換がなされ、波動の全体値を上げることが出来る効果もあります。これを1日15分ほど習慣的に行うことで、良い波動を継続して発することが可能になります。瞑想は頭の中を空っぽの「無」の状態にすることで、自身の無意識に限りなく近づきます。無意識、つまり本来の自分を取り戻すことで、心の疲れやマイナスのエネルギーを払拭して心身を健康な状態に戻していくのです。

呼吸法やバランスなどを整え、身心の良い状態に高めていく

気功とは「気」、つまりは思考や潜在意識のバランスを整え、体調を整える体操として古来から中国で重宝されてきたものです。呼吸法を学ぶことで、良いエネルギーを体内に入れることが可能となります。またそれだけではなく、何もない無の空間の中から必要なエネルギーを集めて身体に吸収することすら出来るのです。気功を行うと自然と良い波動を周囲に集めるので、結果的に質の良い高波動の中で生活するようになります。全ての物体の持つエネルギーは宇宙空間で繋がっていますが、宇宙や自然から、気功の術を使って集めたエネルギーは、自身の波動となって周囲の環境を変えて行きます。気功を鍛錬し、このような良い波動を得る術を身に付けることで、人生も望む通り良い方向に向かいます。

波動に関連するおすすめ情報

おすすめの本

世界に1つ あなただけの「魔法の言葉」

世界に1つ あなただけの「魔法の言葉」

引用元:フォレスト出版(https://www.forestpub.co.jp/author/satou/book/B-1594)

成功の鍵はあなたの内側に眠っている

夢や願望はあるのに、なかなか思い通りに行かない・・このように感じている人は、もしかして目標設定を誤っているのかも知れません。夢を実現させるために必要なものは「あなたが心の底から強く望む力」です。自分の内面と語り合い、本来の自分とは何かを知ることで心の奥底に眠る「強い願い」を発見することが出来ます。そこに意識を集中させることこそが、人生を成功に導く方法となるのです。自身にとっての「成功」とは何なのかが分かればそこからはただひたすら行動に移すだけで、望み通りの幸せが手に入るでしょう。

「世界のエリートはなぜ瞑想をするのか」著者・渡邊愛子

「世界のエリートはなぜ瞑想をするのか」著者・渡邊愛子

引用元:フォレスト出版(https://www.forestpub.co.jp/author/watanabe/book/B-1725)

瞑想で集中力・免疫力をアップする

欧米で瞑想ブームが沸き起こる中、なぜハイパーエリートと呼ばれる人たちがこぞって瞑想に取り組むのか、その理由と瞑想の効果について書かれた本をご紹介します。アメリカでは瞑想の効果について科学的に証明されています。瞑想によって得られる効能は20項目以上あると言われ、主には感情をコントロールしたり、集中力を高めたりするのに使われています。1分間ほど目を閉じるだけで良いので、まずは始めてみることで、身体の変化を感じるでしょう。ここでは瞑想の方法や、継続的に続けるコツについて詳しく紹介されています。

more
more