肉体を越えた魂のつながり・ソウルメイトとは

スピリチュアル・自己啓発 パーフェクトバイブル

ソウルメイト

Soul mate

ソウルメイト

生きている限り、わたしたちは多くの人と出会い、そして多くの人と別れます。数えきれないほどの人との出会いの中には、人生に多大な影響を及ぼす出会いもあります。
恋愛であれ、友人であれ、恩師であれ、関係を問わずあなたの人生を豊かにしてくれる大きな出会い。その出会い相手こそ、ソウルメイトなのかも知れません。
ソウルメイトとの出会いは、あなたの人生を豊かにし、あなたの魂を成長させます。あなたのこれからの人生の中で、少しでも多くのソウルメイトと出会えるよう、ここではソウルメイトの見分け方、ソウルメイトとの出会い方などについてご紹介します。

そもそもソウルメイトとはなにか?

今ある肉体は今世限りのものですが、その肉体に宿る魂は前世から引き継がれているものであり、また、来世へと引き継がれるもの。人は永遠に続く輪廻転生の中で、一貫して同じ魂を持っています。
そして、今世限りの友人と同じように、魂にもまた永遠に続く友人のような存在があります。この、言わば「魂のステージでの友人」のことをソウルメイトと言います。

輪廻転生の中で、私たちは様々な時代、様々な場所、様々な立場で生まれ変わりを繰り返しています。いつ、どこに生まれ、どんな立場での人生を送ったとしても、人はかならずソウルメイトと出会うことになっています。なぜなら、輪廻転生の目的は魂の成長であり、そして魂の成長のためにソウルメイトが存在するからです。

ソウルメイトは、あなたに安らぎと幸せを与えます。あるいは、時にはあなたに試練を与えます。これらソウルメイトとの関わりのすべてが、輪廻転生の中での魂の成長に必要なことなのです。

ソウルメイトの特徴

ソウルメイトとの出会いは、言わば運命の中の必然的な出会い。だからこそ、家族や恋人、親友のことをソウルメイトと考えてしまいがちになります。しかし、かならずしもソウルメイトは普段親しい人の中にいるとは限りません。親しい人の中にも、疎遠な人の中にも、あるいは、まだ出会っていない人の中にもソウルメイトはいます。
相手がソウルメイトである場合、あなたは次のような感覚を得るはずです。ソウルメイトの特徴を10項目ほど確認してみましょう。

◆デジャブ現象がある

デジャヴ現象とは、初めて会った人なのに、なぜか以前に会ったことがあると感じてしまう現象。初めて行った場所なのに、以前行ったことがあるような気がする場合も、デジャヴ現象と言います。ソウルメイトに出会うと、初対面でも初対面のような感覚がしないと言われています。

◆懐かしい感覚を覚える

初めて会った相手なのに「久しぶりに会った感覚」「懐かしい感覚」を抱いてしまうことも、ソウルメイトの特徴。ソウルメイトは、たとえ今世では初対面でも、前世以前ではすでに何度も出会っているため、懐かしい感覚を魂が感知するようです。

◆別の場所にいるのに同じ行動を取ってしまう

昨日の夕飯の内容が同じだったり、同じ日に別々のお店で同じものを買っていたりなど、互いに打ち合わせたわけではないのに、なぜか同じ行動をしていることもソウルメイトの特徴。偶然、同じ場所ではち合わせることもあります。

◆人生の大切な節目で登場する

ソウルメイトは、進学や就職、転職、結婚など、人生の大切な節目で登場し、あなたに何らかの影響を与えてくる特徴があります。災難やピンチのときに登場して、あなたを救ってくれることもあります。

◆一緒にいるとなんとなく落ち着く

一緒にいるときに自然体でリラックスできる点も、ソウルメイトの特徴。自分が自然体でいられるということは、相手の価値観や感性、考え方が自分に近いから。価値観・完成・考え方を共有できるからこそ、今世限りで見ても親しい間柄になる傾向があります。

◆生い立ちが似ている

ソウルメイトは、生い立ちや家族構成が似ているという特徴を持ちます。生い立ち・家族構成が似ていれば、生活環境や生活習慣も似てきます。そのため、睡眠時間や食事の時間、入浴時間なども似てくる傾向があります。

◆相手が幸せになることを妬めない

一般に、他人が幸せになることは嬉しいことではあるものの、心のどこかに妬ましい気持ちが生まれることもあります。ところがソウルメイトが幸せになると、この妬ましさがいっさい生まれず、まるで自分のように心から喜びが込み上げてきます。

◆シンクロニシティ現象が頻発する

シンクロニシティ現象とは、心理学者ユングが提唱した「意味のある偶然の一致」のこと。たとえば、相手に電話をしようとしたとき、偶然相手から電話がかかってくる、といった現象のことを言います。ソウルメイトとの間では、このシンクロニシティ現象が頻発します。

◆復縁することが多い

ソウルメイトと恋愛に陥り、その後、なんらかの事情に別れが訪れたとしても、時間を経て復縁する例が多いと言われています。魂の研鑽のために、互いが互いをふたたび必要として呼び合うからです。離婚から復縁にいたる例も同様。

◆お互いに何を考えているのかが大体分かる

ソウルメイト同士だと、たとえ何も口に出さなくても、お互いに今何を考えているのか、また、何を感じているのかが大体分かります。相手の言いたいことが分かるので、いわゆる以心伝心の多い関係にもなります。

誰でもソウルメイトを見つけられる?

どんな人にもソウルメイトはいます。素直な心で生きている限り、適切なタイミングでかならずソウルメイトに出会うことができるでしょう。
ただし、今世限りの矮小な心でもって自分を閉ざしてしまっている人は、ともするとソウルメイトに出会うチャンスを逃してしまうかも知れないので注意してください。

人と人との出会いは、いわば偶然でもあります。そして人は、その偶然の出会いを大切にし、その後の人生で互いに影響を与え合いながら生きていきます。 しかし中には、その偶然の出会いによる人間関係の構築を拒んでしまう人もいます。自分の意志で互いの関係を拒んでしまうわけですから、やがて相手は目の前から消えていくことでしょう。

ソウルメイトもまた、最初は偶然の出会いであるかのように目の前に現れます。その出会いを大切にすれば、互いにソウルメイトとして大切な関係になるでしょう。
しかしながら、今世限りの窮屈な感覚で偶然の出会いをすべて拒んでしまっては、ソウルメイトもまた目の前から消え去っていくかも知れません。
心を開いて、素直な気持ちで人と関わっていれば、どんな人でもかならずソウルメイトに出会うことができます。

  • 【参考】ソウルメイトと出会いやすいタイミング
  • 澄んだ心で生きている人は、かならずベストなタイミングでソウルメイトに出会います。 輪廻転生による魂の研修の中で「今世は結婚と家庭について学んでおこう」と決まった場合には、若いうちにソウルメイトと出会って結婚にいたるかも知れません。ソウルメイトは、かならず、それぞれの魂のテーマに即したベストなタイミングで登場するものなのです。

ソウルメイトの見つけるポイント

ソウルメイトを見分けるためのポイントを7つご紹介します。すでに紹介したソウルメイトの特徴と合わせて確認してみてください。 また、ソウルメイトを引き寄せる方法もご紹介します。ソウルメイトとの偶然の出会いを自分に引き寄せることで、少しでも早く運命の仲間と出会ってください。

◆どんな相手がソウルメイトか?

1、【底なしの安心感を覚える相手】
理由もなく相手に底なしの安心感を覚えた場合、その相手はソウルメイトの可能性があります。特に、家族ではないのに家族よりも安心感を覚える場合、その相手は高い確率でソウルメイトと考えて良いでしょう。

2、【昔から知り合いだったように感じる相手
初めて会った相手、または、会って間もない相手なのに、なぜか昔から知り合いだったように感じる場合、その相手はソウルメイトかも知れません。魂に残存した前世以前からの嗅覚が働いている状態です。

3、【長時間一緒にいても疲れない】
他人と一緒にいる場合は、大なり小なり疲労感があるものです。ところがソウルメイトと一緒にいると、疲労感をまったく覚えません。毎日、何時間一緒にいてもまったく疲れない相手は、ソウルメイトである可能性があります。

4、【以心伝心ができる】
言葉を口にしなくても、相手の考えていることや感じていることが分かる場合、その相手はソウルメイトかも知れません。いわゆる以心伝心ができる状態です。たとえ相手の表情を見なくても、相手の考えていることが分かることがあります。

5、【自分が犠牲になっても良いと感じる】
相手が得をするならば、たとえ自分が犠牲になっても良いと感じる場合、その相手はソウルメイトである可能性があります。自己犠牲とは、人間が本来持つ自己保身の本能に逆らった心理。脳ではなく魂から湧き出るものです。

6、【相手の欠点に嫌悪感を持てない】
相手に明らかな欠点があるにも関わらず、その欠点に何ら嫌悪感を持てない場合、その相手はソウルメイトかも知れません。嫌悪感も苦痛も、注意したくなる気持ちも湧き出てこない状態です。

7、【相手に怒られたら素直に受け入れられる】
相手に怒られたとき、反発したり黙り込んだりするのではなく、心から素直に受け入れられる場合、その相手はソウルメイトの可能性があります。ソウルメイトに怒りに対して、今世限りの体や脳は反応しないことがあるようです。

以上7つの項目のうち、いずれかに該当する相手がいる場合には、その相手はソウルメイトの可能性があるので、関係を大切に維持していきましょう。もし7項目すべてに該当する相手がいるならば、その相手は極めて高い確率でソウルメイトです。

◆ソウルメイトを引き寄せる方法

1、【自分が幸せになるための行動を取り続ける】
自分の幸せに向かって邁進しているとき、そのプロセスではいくつもの大事な出会いがあります。中でも特に大事な出会い、すなわちソウルメイトとの出会いは、幸せになるために行動している人に引き寄せられていくものです。

2、【自分の価値観に素直になる】
人や社会に決められた基準だけで生きていると、その基準にふさわしい人・モノばかりが引き寄せられます。自分にとって特に大事な人・モノを自分に引き寄せるには、自分の価値観に素直になって生きていくべきでしょう。

3、【自分に厳しく生きる】
前世、今世、来世は、すべて魂の研鑽のためにあります。特にソウルメイトとの関係は、魂を次のステージへ上げるためにお互いに必要不可欠なもの。自分に甘く低いステージに留まっていると、今世で出会うべきソウルメイトとの波長が合わず、いつまでも出会えない可能性があります。

4、【不要な人間関係を断捨離する】
明らかにソウルメイトではなく、なおかつ、お互いに重視し合うほどでもない人間関係(いわゆる腐れ縁)は、時に断捨離することも大事です。不要な執着を手放すことができない人ほど、引き寄せの法則で失敗すると言われています。

5、【毎日バイタリティいっぱいに生きる】
盲目に運命のソウルメイト探しだけをしている人よりも、毎日、バイタリティいっぱいに様々なことを楽しんで生きている人のほうが、人間として魅力的です。魅力的な人間には、多くの人が引き寄せられます。その中にはソウルメイトがいるかも知れません。

ツインソウルとは

ソウルメイトと同じような概念に、ツインソウルというものがあります。
ソウルメイトとは、魂の成長のために同じグループに属した友人たち、といったイメージ。ツインソウルとは、もともと一つの魂から別れたもう一方の魂のこと。簡単な仮定で言えば、ソウルメイトは会社の同僚、ツインソウルは双子の兄弟、といったイメージでしょうか。

ソウルメイトに見られる特徴は、当然ツインソウルにも見られます。ただツインソウルの場合は、その特徴がさらに濃厚になっていきます。ツインソウルの特徴を5つ見ていきましょう。

◆初対面なのに強烈な懐かしさを感じる

ソウルメイトと出会うと「懐かしい」「久しぶり」という感覚を得ることがありますが、ツインソウルと出会うと、その感覚がさらに強烈になります。もともと一つの魂だったわけですから、初対面で懐かしさを感じても、まったく不思議ではありません。会った瞬間に双方が「再会」の感覚に陥ると言われています。

◆体に触れたときの感触が違う

他人の肌に触れると、当然ですが「肌に触れている」という感覚を覚えます。ところがツインソウル同士が肌に触れると、もちろん「肌に触れている」という感覚はあるのですが、他人の肌に触れている感覚とは違い、まるで自分の肌に触れているかのような感覚になると言われています。

◆離れていても相手の考え方や感情が分かる

通常のソウルメイトでも、相手の考え方や感情が伝わってくることがありますが、ツインソウルになると、互いに地理的に離れた場所にいたとしても、相手の考えていることや感じていることが分かると言われています。まして一緒にいるときは、相手の心の中が手に取るように分かります。

◆スピリチュアルな体験が激増する

魂の片割れと出会うという、言わば究極のスピリチュアル体験をしているわけですから、これが皮切りとなり、今まで経験のないスピリチュアルな体験が続々と起こりだすと言われています。テレパシーで交信できるようになったり、見えないはずの光が見えたり、聞こえないはずの声が聞こえたりなどなど。また、決してありがたくはありませんが、頭痛や吐き気など身体的な急変に見舞われることもあります。

◆好みのタイプとは真逆であることも

ツインソウル同士は、それまで持っていた「好みのタイプ」「好きな性格」といった基準を超越して、魂だけが強烈に引き合います。そのため、自分の理想のタイプとは容姿も性格も真逆であることも。相手が理想とは違う以上、相手に対して表面的な嫌悪感や怒りが沸き上がることもあります。ツインソウル同士が交際をすると喧嘩が絶えないとも言われているので、あまり恋人には向いていないかも知れません。

グループソウルとは

グループソウルとは、同じ志を持つ、同じステージの魂の集団のこと。
輪廻転生で生まれ変わるとき、その集団から魂が抜けだして肉体の中へと入り込みます。やがてその肉体が死を迎えると、ふたたび魂はその集団の中へと戻ります。そこは魂のふるさとのような場所であり、同じふるさとにいるたくさんの魂のことを総称してグループソウルと呼んでいます。
なおグループによって所属する魂の数も異なりますが、大きなグループでは1,000もの魂が一つのグループを形成していると言われています。
グループソウルの特徴を見ていきましょう。

◆同じグループに属している別の魂の追体験をすることができる

同じグループに属している場合、ある魂が輪廻転生の中で経験した出来事を、別の魂が追体験することができます。たとえばあなたの魂が属するグループの中にフランス人の魂が属していた場合、たとえあなたがフランスに一度も行ったことはなくても、フランスのお城や田園の写真を見て「懐かしい」と感じることができます。同様にフランス人の魂は、たとえ一度も日本を訪れたことがなくても、日本の通勤ラッシュの息苦しさを実感できるかも知れません。

◆霊格が同レベルの魂同士が同じグループに属する

魂は、輪廻転生の中で修行を繰り返し、少しずつそのステージを上げています。このステージのことを、人格ならぬ霊格と呼びます。人格のステージの違う者同士が同じ勉強会に参加しても、理解度がバラバラであることと同様に、霊格の違う魂同士が同じグループに所属しても、互いに切磋琢磨することができません。そのため、同じグループに所属している魂は、みな修行の経験値やステージが同じレベルと言われています。

ソウルメイトと恋愛・結婚

ソウルメイトと恋愛や結婚にいたった場合、お互いに幸せな将来を過ごす可能性が高くなります。もちろんソウルメイト以外の相手と恋愛・結婚しても幸せは得られますが、できることなら魂のレベルから呼び合った相手と共に人生を歩みたいもの。
以下では、ソウルメイトと恋愛・結婚にいたった人たちの共通点について、6つほど紹介します。

◆ソウルメイトと出会う直前に大失恋をした

ソウルメイトと恋愛するにいたった人の多くは、その出会いの直前、大きな失恋をしています。大失恋による失意のどん底にいるため、新たな恋人探しに向けた希望よりも、むしろ「もう恋愛なんてしたくない」という負の感情のほうが大きい状況にあるようです。

◆大失恋の後に自分を見つめ直す行動を起こしている

ソウルメイトと出会った多くの人は、大失恋の直後に自分を見つめ直すために、何らかの行動を起こしています。たとえば恋愛セミナーに参加したり、資格試験の専門学校に通い始めたりなどです。やがて、それら行動を通じて自分の価値観や人生観を見つめ直し、根拠はなくても「自分は幸せになれる!」との信念を持つにいたっています。

◆初対面のときは恋愛感情を抱かない

多くの人は、ソウルメイトと初めて出会ったとき、普通の恋愛感情のようなドキドキ感はなかったと答えています。逆に言えば、初対面のときから燃えるような恋愛感情やドキドキ感を感じてしまう相手は、ソウルメイトではないのかも知れません。

◆二人で会うたびに、少しずつ恋愛感情が芽生えてくる

二人で会う機会があると、その都度、互いの価値観や考え方が近いことを感じるようです。そして徐々に「この人と交際できたら楽しいかも」と思うようになっていくとのこと。この思いは一方的なものではなく、同時発生的に相手も感じている点が特徴です。

◆交際がスタートすると、結婚までトントン拍子

ソウルメイトと交際がスタートすると、二人の間を邪魔する者は登場してきません。早くも二人の間には結婚して当然という空気が流れ、実際に結婚まで非常にスムーズに事が運びます。「出会って1ヶ月でスピード結婚!」などのようなゴシップを時々目にしますが、それこそまさにソウルメイトとの結婚が実現した瞬間なのかも知れません。

◆安心感に包まれた恋愛感情を抱く

ソウルメイトとの交際中は、もちろん相手に恋愛感情を抱くわけですが、それまで経験した恋愛感情とは少し異質のようです。ソウルメイトという性質上、相手にストレスを感じず、疑心暗鬼になることもないため、安心感に包まれた恋愛感情が湧くと言う声が多く聞かれます。逆に言えば、恋愛感情しか感じない相手は、ソウルメイトではないのかも知れません。

以上、ソウルメイトと恋愛・結婚した人たちに共通する特徴を見てきました。これらの共通点から、今恋愛に悩んでいる人たちは、次のような示唆を得られるのではないでしょうか。

◆恋人募集中の人・失恋した人 →まず行動する!

ソウルメイトと出会った人たちの多くは、恋人不在の時期に大きな行動を起こし、「自分は幸せになれる!」という強い信念を持つにいたっています。この強い信念やバイタリティこそが、ソウルメイトを引き寄せたのかも知れません。恋人募集中の人や失恋で恋人が不在になった人は、内容はなんでも良いので、まず自分を見つめ直すために大きな行動を起こしてみることが大事です。

◆恋人との結婚を悩んでいる人 →二人の関係を客観視してみる

恋人がいるものの、結婚すべきかどうか悩んでいる人は、相手がソウルメイトなのかどうかを見分ける必要があるでしょう。ソウルメイトの見分け方についてはすでに説明済みなので、参考にしてみてください。万が一、相手がソウルメイトではなく、しかも失恋にいたってしまった場合でも、多くの人は失恋の直後にソウルメイトと出会っているということを忘れないでください。

ソウルメイトと別れ

互いに信頼し合い、安心感に包まれた恋愛関係の中にあったとしても、何らかのきっかけで別れを迎えることがあるかも知れません。
人との別れは、どんなものであっても辛いものですが、ましてソウルメイトとの別れともなれば、表現しがたいほどの悲しみに陥ることでしょう。
なぜ、ソウルメイト同士に別れが訪れるのでしょうか?ソウルメイトだからこそ、別れは訪れないような気もします。

ソウルメイト同士に別れが訪れた理由。それは、始めから別れが必然だったからです。この世の中には、いっさいの偶然もありません。小さなことから大きなことまで、すべてが必然です。ソウルメイトとの別れも、魂のレベルで最初から決まっていた必然だったのです。

ある人は、ソウルメイトとの交際を経て、それまでの自分の傲慢さがやさしさへと変わったはずです。またある人は、ソウルメイトとの別れを経て、他人への依存心を脱却し、力強い自立心が養われたはずです。
魂は、これらの目的を達成させるために、あらかじめソウルメイトとの交際と別れを設定していたのかも知れません。

別れてからしばらくは悲しみに暮れるだけかも知れませんが、二人がソウルメイトである以上、輪廻転生の中で永遠に出会いを繰り返します。そしていつか、互いの魂に「結婚・家庭」というテーマが与えられたとき、姿を変えた二人がふたたび出会うことになるでしょう。

あなたもソウルメイトを見つけよう

恋人であれ、友人であれ、恩師であれ、ソウルメイトとの出会いは人生を豊かにしてくれる大事なチャンス。そして魂をステージアップさせてくれる大切な機会。自分に素直になって生きていれば、きっと今世で出会うべきソウルメイトに出会えるはずです。
でも、自分から出会いを拒絶してしまうと、せっかくのソウルメイトとの出会いのチャンスは減ってしまいます。より多くのソウルメイトと出会うためには、出会いを拒絶せず、むしろ普段からソウルメイトを引き寄せるよう行動していきたいものです。

自分は幸せになれるという強い信念を持ち、自分の価値観に正直になり、毎日を楽しく元気に過ごし、そして一つ一つの出会いを大切にすること。これらを意識するだけでも、今世で出会うべきソウルメイトは、きっとあなたに引き寄せられてくるはずです。充実した人生を送ってくださいね。

アファメーションに関連するおすすめ情報

おすすめのCD/DVD

恋愛のための7つのアファメーション

恋愛のための7つのアファメーション

引用元:フォレスト出版(http://www.forestpub.co.jp/love/)

恋愛・仕事・人間関係など、人生全般がうまくいくようになるためのとっておきの方法を7つ紹介。あなたの恋愛を、そして人生を輝かせてくれる7つのビタミンが詰まった書籍と、同テーマで石井氏が女性リスナーの前で行ったセミナーを収録したCDとのセットです。

今すぐ幸せになる4つの方法

今すぐ幸せになる4つの方法

引用元:フォレスト出版(http://www.forestpub.co.jp/louise/)

仕事も、人間関係も、お金も、才能も、パートナーも…たった4つのワークを行うだけで、毎日が驚くほどに変わりだす…!ルイーズ・ヘイとシェリル・リチャードソンの2人が毎日実践している、“思考で思い通りの未来をつくる方法”を公開しています。自分が変わる、シンプルな方法を体験してください。

関連するキーワード

今までの人生の中でプログラミングしてきた思考・経験を書き換え、リプログラムする実践法を開発してきた心理学の一種。教育、政治、ビジネス、スポーツ、医療など幅広い分野で注目される。

成功者が共通して持っている特徴や、成功者が実践していること、成功するための心構えなど。さまざまな人物が成功の法則について語っており、その内容も多岐にわたる。

大きな精神的ショックや恐怖が原因で起こる心の傷、精神的外傷。精神的外傷が突如蘇るフラッシュバックなど特定の症状があり、持続的苦痛を伴う場合は急性ストレス障害と言える。また「PTSD」になる場合もある。

本人の意思によって、自分自身の能力を発見し、その能力をより高めること。自分のなりたい姿や願望をイメージするなど、潜在意識を上手く利用することで、自分を変えられたり願望や目標が現実化すると言われている。