思考・経験を書き換える?NLPを徹底調査

スピリチュアル・自己啓発 パーフェクトバイブル

NLP

Neuro Linguistic Programming

NLPとは?

「NLP」は、Neuro Linguistic Programming(神経言語プログラミング)の略。元々は心理療法の分野において、短期的なセッションで効果をもたらすブリーフセラピーの1つとして広まりました。
近年は心理療法の分野にとどまらず、教育や政治、ビジネス、スポーツ、医療といったさまざまな分野において広く活用されています。

point1

元々は心理治療の現場で使用され、広まった心理学の一種です。

1970年代、カリフォルニア大学のジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーが研究をスタートさせた心理学がNLPです。元々は、欧米を中心として、セラピーの分野で急速に広まったことが始まりです。

近年では、その驚異的な効果が広く認知され、スポーツの世界やトップビジネスシーンなどでも活用されています。

point2

今までプログラミングしてきた思考・経験を書き換え、リプログラムする!

人間は、「神経」(=五感)と「言語/非言語」の脳での意味付けにより物事を認識し、体験を記憶します。その認識や記憶は、人生体験に基づいて各人の中にプログラミングし、その通りに自動反応して行動すると考えられます。

NLPでは、そのプログラミング構造を解明し、さらにそれを組み立て直す実践法を開発してきたものです。

point3

多くの研究家がアプローチを付け加えた結果、内容は多岐に渡ります。

NLPのアプローチについては、現在さまざまな団体によってセミナーや講習等が行われています。

これまで、さまざまなNLPの研究家たちがアプローチを付け加えた結果、その内容は多岐に渡るようになりました。

いずれも相手の尊重、理解について学び、信頼関係を構築する手法として重視されています。

知っておきたいNLPのポイント

相手の尊重、理解によって、信頼関係を構築する!

自己成長、目標達成などにも大きな効果をもたらすとされるNLPですが、やはりNLPの特長として最も知られているのは、「卓越したコミュニケーションスキル」であるという面です。
NLPでは、相手の尊重、理解がコミュニケーションで最も重要だと説いており、この考えに基づいて、相手との信頼関係を構築する手法、信頼関係を築き上げることを学んでいきます。
信頼関係構築のための代表的なスキルとしては、相手と動作や表情などを似せていく「ミラーリング」や、相手の話し方・状態・呼吸等のペースを合わせる「ペーシング」、相手の言葉をそのまま返す「バックトラッキング」などがあります。これらはすべて、相手を尊重し、理解を得ることを前提としたスキルです。

これだけでも効果が…NLPの13の前提項目を知る

NLPの効果を最大限に発揮するには、次の13項目ある前提を知ることが重要です。

1.みんなそれぞれ目に見えない地図を心に持っている

人はみんな地図を持っています。その地図はあくまで目的への手段であって、それがすべてではありません。NLPでは、個人の物事の捉え方や考え方を「地図」として表現します。人はそれぞれ別の地図を持っているということを理解しましょう。また、地図はその人を通しての世界の見え方であるので、現実ではないことも知っておきましょう。

2.相手のフィールドに入る

人によって違う地図を持っているのだから、自分の地図を見ているだけでは話は通じません。相手のフィールドに入り相手の地図を確認して、お互いのことを理解し合うことで初めてコミュニケーションはスムーズになります。つまり、相手の立ち位置に立って考えることが大切なのです。

3.相手の反応が自分に対しての成果

相手に期待した反応が返ってこないときがあります。うまくいっていない場合は、相手に対して適切なコミュニケーションをとることができていないのが原因です。相手の反応を観察することで、コミュニケーションの目的が適えられたかどうかを見ることができます。うまくいかない場合は、相手の地図を理解し、相手に合わせて伝え方を工夫することが大切です。

4.何かを成しえるための手段はすでに持っている

それぞれの目標を達成するためのスキルや経験、人脈などはすでに手に入れているということです。でも「そこに無いものはないじゃないか」と思うかもしれません。例えば、独立してお店をオープンさせるだけの資金が無くても、あなたの人脈の中にはどこかに援助してくれる人がいるかもしれません。その視点をもつことが重要です。

5.小さなことの積み重ねが重要

一段ずつの成長にはもどかしさを感じるときがあるかもしれませんが、二段跳びだと大きくなりすぎるかもしれません。小さな積み重ねでも目標を成しえることができるのなら、その少しは十分な挑戦といえます。

6.意味がない行動はなく、またその行動は肯定的な意図がある

貯金をして良い車を買うと決めたけど、途中で挫折してバイクを買ってしまった・・・そんな経験はありませんか?当初の目標ではないので残念に思えるかもしれませんが、バイクで事足りるのなら車を買わずに済んだと肯定的な考えができるということです。

7.誰かにできるなら、あなたにできないことはない。必要なのはやり方を知ること

誰もが資質を持っています。あとはその資質をどう使うか、やり方を知るだけです。

8.失敗はなく、フィードバックだけが存在する

起こった事柄に失敗はなく、あるのはフィードバックのみ。何回、何十回とやり直しをしても「今のやり方ではなく別の切り口があるのではないか」という思考が重要で、結果を解釈して価値を付けるのは、その人次第ということです。

9.ピンチとは成長できる絶好の機会でしかない

何かの問題に直面した時は、今までになかった考え方や流れを生み出す絶好の機会となります。ルーティンになっていたことでも、一気に飛躍することが可能です。

10.一回で正解を出せなくても、何度も挑戦する

一度や二度でうまくいかなくても、切り口を変えて何度も試してみましょう。1つのやり方に固執しなくても、柔軟性を持てば、その可能性は無限に広がります。

11.不完全な人はおらず、いつでも完全な機能を果たしている

私たちは誰も不完全ではないし、間違ってもいません。しかし、戦略が思ったほど効果的でないこともあります。そういった時には落ち着いて周りを見回し、うまくいっている人から学習すればいいのです。

12.心と身体は2つで1つの有機システムと考える

互いに影響しあう心と身体。切り離して考えることはできません。考え方が変われば身体や行動が変わるし、行動が変われば感情や考え方が変わります。

13.選択肢があるのとないのとでは大きく違ってくる

1つのやり方しか知らずに進むと、アクシデントが起きた時に対応ができなくなります。できれば3つ以上の選択肢を用意しましょう。そうすることで、1つの選択肢よりも高い視点を持つことができます。

ここで紹介しているのは、あくまでNLPの入り口部分です。もっと詳しくNLPの世界を知りたい場合は、以下のDVDがおすすめです。

NLPに関連するおすすめ情報

おすすめのCD/DVD

コミュニケーション・マスタリー

コミュニケーション・マスタリー

引用元:フォレスト出版(http://www.forestpub.co.jp/cm/)

世界的なトップコーチとして知られるマイケル・ボルダックが、自分を、そして他人を巻き込んで“成功へと動かす技術”を直伝!相手と自分の心を動かし、成功と幸せを加速させるコミュニケーション術が明かされます。望み通りに、いつでも好きなだけ自由自在に「他人」と「自分」をコントロールできる人生を楽しんでみたくありませんか…?

関連するキーワード

自分の夢や希望などを肯定的な言葉で宣言し、毎日繰り返すことによって脳や潜在意識に刷り込むもの。願望の成就に役立つと言われている。

目標の達成やパフォーマンス向上を目的に、対象者を勇気づけてモチベーションを引き出して、積極的な行動を促すコミュニケーションスキルのこと。質問を投げかけて自身で考えてもらうことで、答え(取るべき行動)を明らかにしていく。

成功者が共通して持っている特徴や、成功者が実践していること、成功するための心構えなど。さまざまな人物が成功の法則について語っており、その内容も多岐にわたる。

大きな精神的ショックや恐怖が原因で起こる心の傷、精神的外傷。精神的外傷が突如蘇るフラッシュバックなど特定の症状があり持続的苦痛を伴う場合は急性ストレス障害と言える。また「PTSD」になる場合もある。

「自己啓発」とは、本人の意思によって、自分自身の能力向上・精神的成長などを目指すこと、またそのための訓練のことを言います。「能力開発」も同じような意味で使われています。