スピリチュアル・自己啓発 パーフェクトバイブル

ホメオパシー

ホメオパシーとは?

ホメオパシーとは、約200年前から存在する自己治癒力を活用した治療方法で、簡単に説明すると「毒を持って毒を制す」代替療法です。スピリチュアル面でホメオパシーのノウハウを活用すれば、抱える問題に自分自身で気が付き、心を開放することができます。

point1

ホメオパシーのカギは、レメディーが握っている

レメディーとは、ホメオパシーに必要不可欠である砂糖玉。中には原子レベルで薄めた、毒に該当する成分が詰まっています。毒といっても死に至るものではなく、体に作用を引き起こす成分と考えてください。レメディーを投与することで、身体に反応を起こさせ自己治癒力を助長し、症状を緩和させるのです。スピリチュアルの場合、レメディーは毒が詰まっている砂糖玉ではなく、問題を解決するための起爆剤となります。

適切なレメディーを見つけ出し、投与しなければ何も問題は解決しません。自分が悩みなどの問題から抜け出せるきっかけでなくてはならないのです。

point2

プラセボ効果とホメオパシーの関係

医療行為の側面としてのホメオパシーは、一種のプラセボ効果が関わっているとされています。プラセボ効果は、いわば「思い込み効果」のこと。ホメオパシー治療の間、良い方向へ考えをめぐらせると、それだけ良い結果が体にもたらされると言われています。したがって、ホメオパシーによりどう効果が出るのかは、人によって異なるのです。

自分を見直すというのは、自分を認めてあげることにつながります。自分はこのままでいいと、思い込む姿勢がホメオパシーには必要なのです。

point3

自分を癒せるのは自分自身の治癒能力である

人は悲劇や災難に遭遇して消耗してしまうと、自分を見失いがちになってしまいます。この期間が長ければ長いほど自己を保てなくなり、心身ともに病んでしまうのです。そうなる前に取るべき行動がホメオパシー。まずは自分の状況や状態を理解し、適切なレメディーを自分に投与しましょう。難しい時は、専門家であるホメオパスに依頼するのも方法です。

自分を理解できるのは、結局のところ自分自身。ホメオパシーはそれを実現させるきっかけなのです。

知っておきたいホメオパシーのポイント

ホメオパシーを実際に行う方法をご説明します。前提にしてほしいのが、ホメオパシーの専門家である、ホメオパスの力を借りることです。

自分自身でレメディーを見つけ、それを自分に投与し、自己を開放できるのであれば問題ありません。しかし、焦っている時や苦しみにあふれている時に、自分を冷静に見つめなおすのは至難の業。誤ったレメディーを選択してしまい、もっと自分を深みに追い込んでしまう可能性も十分にあるのです。そうならないためにも、ホメオパスの力が必要。「自己治癒」がホメオパシーの目指す物ですが、他人の力も借りながら、無理なく実施していくことがおすすめです。ホメオパスが出す質問に答えていけば、自分の心に適したレメディーが見つかるはずです。

ホメオパシーの実践方法

ホメオパシーの一般的な方法は、ホメオパスのヒアリングに答えていくこと。民間医療面でもスピリチュアル面でも同じであり、ヒアリングで自分自身を見つめていく方法です。
もちろん個々のプライバシーに関わりますので、いずれの機関でヒアリングを受けても、回答は極秘事項として扱われます。
答えたくないヒアリングには、無理に答えなくても大丈夫です。思い浮かんだ回答を、そのままホメオパスに伝えましょう。ヒアリング内容は幅広いですが、基本的にその人の人間性や置かれている環境、状態や価値観を紐解く物です。そこから心のレメディーを見つけ、活用していきます。

ホメオパシーの歴史

約200年前、ドイツ人医師ザムエル・ハーネマンにより提唱。生涯をかけてホメオパシーを確立させ、多くの方の力となりました。人間が持つ治癒能力を病状と同一の毒を持って引き起こすという、一見すると荒療治な方法です。しかし、現在ほど医療が確立されていなかった時代では、とても画期的な方法であり、効果もあったとされています。代替治療方法なので、現代医療では色々問題視されることもありますが、ホメオパシーによって、良い結果を引き出された方もたくさんいるのです。
このノウハウはスピリチュアル面では大いに活用が可能で、現在も一つの心の治療方法として存在しています。

ホメオパシーの効果

効果は人それぞれですが、ホメオパシーによって自分自身を知ることができ、その上でさまざまな心の不安や疲れを取り除けます。人間には大なり小なり承認欲求というものがありますが、ホメオパシーはレメディーにより、自分を「承認」することが可能です。承認してレメディーを投与するためには、自分の考え方や捉え方など、根底の問題を見直さなければなりません。人によってはとても苦痛でしょう。しかし、自己を開放するには、まず自分を認めてあげることが、ホメオパシーにおいて大切なのです。レメディーは「毒」ですが、レメディーに打ち勝つ人間の強さを、ホメオパシーは引き起こせます。自分を見つめ直し、認めて、自己解放。この結果が得られるだけでも、ホメオパシーを行う価値がありますね。

ホメオパシーの実践例

閉所恐怖症を治すために、ヒプノセラピーを体験した女性の話をご紹介します。

尿酸値が下がり、痛風が改善

痛風に悩んでいた40代男性が、ホメオパシーを活用して生活習慣改善に成功しました。痛風の症状も以前より抑えられている様子。ホメオパシーを実施した男性のレメディーは「数々のストレスによる暴飲暴食」であり、それが原因で生活習慣が乱れて痛風を引き起こしたと断定。ホメオパシー治療を行いながら、生活習慣を改善した。結果、尿酸値が下がり痛風が緩和されたのです。

女性特有の生理現象が緩和

生理中に発生する数々の体調不良が、ホメオパシーを行いながら緩和できた女性がいます。何度もホメオパスと相談を重ねた結果、幼少の頃の経験や家族関係の不穏がレメディーとなりました。レメディーを受け入れることで、生理中の体調不良が徐々に緩和。さらに自己不定や罪悪感を取り除け、生きていくこと自体に前向きになれました。

more
more