目標達成やパフォーマンスを実現するコーチングとは

スピリチュアル・自己啓発 パーフェクトバイブル

コーチング

Coating

コーチングとは?

コーチングは人材開発の技法のひとつで、相手の自己実現や目標達成に必要な知識、ツールなどを引き出し、自発的な行動を促す手法。教えたりアドバイスをしたりするのではなく、問いかけて聞くという対話によって相手に気づきを与えるのが特徴です。

相手の潜在能力を解放し、目標達成を支援できるようになる

コーチングを行うことによって個人や企業の目標達成を支援したり、業績を上げたり、プロジェクトやメンタルのマネジメントを行うことなどが可能です。

point1

1500年代から存在した「コーチング」という考え

コーチングという考え方は、既に1500年代で登場していました。かの有名なガリレオ・ガリレイが、「人に教えることはできない。人が悟るよう手助けすることはできる。」という言葉を残しています。

「コーチ」が英語として使われ始めたのは16世紀に遡りますが、経営関連用語として登場したのは1950年代。そして80年代にはコーチングにまつわる出版物が多く出回るようになります。

これには、当時のアメリカ経済の不況が大きく影響しています。

point2

自分の人生は自分でデザインして創り上げていく!

コーチングには、主に以下の考え方をする点が特徴的です。

「人は無限の可能性を持っている」「その人が必要とする答えはその人の中にある」「その答えに気付くためにはサポートが必要」

これらを基本として、クライアントの「自分の人生は自分でデザインして創り上げていく」という意思を持続させ、目標達成させるためのシステムがコーチングとなります。コーチングにおいては、クライアントが必要とする答えは、クライアント自身が持っているとの前提に立って行われます。

point3

「ビジネスコーチング」と「パーソナルコーチング」

コーチングは、大きく「ビジネスコーチング」と「パーソナルコーチング」に分類されます。

「ビジネスコーチング」は、企業や組織において、個人が本来持つ能力・可能性を最大限発揮させるための、人材育成マネージメントの一環として位置付けられています。

一方「パーソナルコーチング」は、個人の自発的な行動を促してより高い目標達成へと導く為のものであるため、日常のさまざまな面で取り入れることができるのです。

知っておきたいコーチングのポイント

本人の主体性を引き出す人材開発プログラムの「コーチング」。ポイントは、人生の壁に遭遇してしまったとき、自分自身の力で解決して乗り越える力をつけさせるといったところにあります。 コーチングは、学校の先生が生徒に一方的に理論を伝えて教えるような方法ではなく、本人に問いかけや質問を投げかけ、問題解決策を自分自身で考えさせることを目的としています。

一般的に、問いかけや質問を投げかける人のことを「コーチ」といい、質問に対して答えを述べる人のことを「クライアント」と呼びます。

コーチはクライアントに対して、答えを教えるといったことは一切おこないません。あくまで対等な立場で、シンプルに質問を投げかけるのみです。

コーチングのコーチという呼び名の由来は、「人を目的地まで運ぶ馬車」という意味からきていて、1500年代頃から始まったとされています。

その後、世界恐慌の時代の波を越え、1950年代になると、ハーバード大学マイルズ・メイス助教授が、「コーチングはマネジメントにおいて重要なスキルである」と説いたといわれています。

主体性を促すコーチングの理論が全世界に広がり、日本でも1997年頃に、マネジメントスキルとして普及し始めました。

コーチングの実践方法

コーチングの実践方法について解説していきます。問いかけや質問を投げかけるコーチと、コーチからの問いかけや質問を答えるクライアント、基本的にこの1:1の体制で実践することが基本となります。

コーチはあくまでシンプルに質問するだけで、答えを誘導したりアドバイスしたりしてはいけません。実践中は、ほぼ7割クライアントが話すスタイルでおこないます。

  1. コーチは始める前に準備をおこないます。メモ書きで結構なので、質問する内容を簡単にまとめておきます。
  2. 今何に困っているのか、今回のテーマとなる問題を訊き出します。そして、どのように困っているのかを細かく訊き出します。
  3. 本当はどうなっていくことが理想なのかを訊き出します。2.の困っている内容についてどのように展開していくことがいいのかを尋ねます。
  4. 理想と現状のギャップを尋ねます。理想の状態が10であるなら、現状はいくつなのか、数値で表わす方法がよいです。
  5. 理想に近づくために、まず何から始めればよいのかを訊き出します。

コーチングはこのような流れでおこないます。クライアントは、目標達成や問題解決の方法が明確になるため、素早く行動に移すことができるようになります。

コーチングの歴史

目標達成を支援するスキルとして幅広く活用

「コーチ」という言葉が生まれたのは1500年代のこと。もともとは「大切な人をその人が望むところまで送り届ける」という意味でしたが、今では「人の目標達成を支援する」という意味で使用されるようになりました。

マネジメントの分野では、1950 年代にハーバード大学のマイルズ・メイス助教授が「コーチングはマネジメントにおいて重要なスキルである」と著書の中で記しています。

1980 年代になると、コーチングに関する書物が数多く流通。これは、当時のアメリカ不況が大きく関わっています。日本においてコーチングスキルの普及が始まったのは1997 年。

普及し始めたころは「人生をどう設計するか」というテーマに沿ったコーチングが盛んでしたが、やがてマネジメントスキルとして注目されるようになりました。現在はマネジメントはもちろん、教育や医療、士業など、コーチングスキルを学ぶ人の職域も広がり、幅広く活用されています。

コーチングの効果

コーチングが成功すると、クライアントには以下のような効果があります。

  • 早く確実に目標を達成できる
  • 目標設定が明確になり、積極的な行動がとれる
  • 自分の強みを理解し、それ以上を目指す
  • 多角的に物事を考察できる
  • やる気にあふれ、自発的に取り組むようになる

クライアントがコーチングを受ける理由は、今以上の結果を得たいから。そのためにコーチがすべきことは、適切な質問の投げかけです。コーチングによる的確な質問は、クライアントに新しい気づきをもたらします。

コーチングは人を育てるための一つの方法。人には「達成したい」という欲求や目標があり、そこに早く到達できるようサポートするのがコーチの役目です。クライアントが目標を達成できるように、ともに答えを探し求め、実現していくプロセスを共有することが重要になります。

コーチングが役に立つ場面

コーチングという考え方が登場した頃は、その人の人生にフォーカスをあてた活用方法が主流でした。例えば夢の実現だったり、恋人や友達との良好な関係だったりといったものです。

しかしビジネスの分野でコーチングが導入されるようになってからは、組織のモチベーションを向上させたり、営業スキルに磨きを掛けたり、より実用性の高い目的に使われることが多くなりました。

ほか、スポーツの分野でも当たり前のようにコーチングの技術が使われていますし、最近では教育や子育てなどの分野でも活用されているようです。

このように、コーチングは幅広く応用できるスキルですが、その効果が十分に発揮されないケースというのもあります。

コーチングには、課題解決に向けて相手に考えてもらうというステップが不可欠です。そのため、考える土台となる知識を相手が持っていないケースや、課題について考える時間が取れないケースなどには、十分な効果が発揮されません。

応用範囲は広いものの、適用する状況をしっかり見極める必要があるわけです。

コーチングに必要なスキル

コーチングを行うには、いくつかのスキルが必要とされます。

例えば、コミュニケーション能力。コーチングは、相手のことを理解し、的確な質問をして成長を促していく、というステップを踏みます。信頼関係を築くために相手から情報を引き出したり、状況に応じた的確な質問をするためには、コミュニケーション能力は不可欠というわけです。また、同じ理由からビジネスのスキルや経験もあった方がよいでしょう。

このほか必要なスキルとしては、心理学の知識が挙げられます。コーチングをする過程で相手が思い悩んでしまったりストレスを抱え込んでしまった際に、マイナス感情をマネジメントしてあげることができるからです。

コーチングは有用な技術ですが、掴みどころがないため、一から学ぶのは難しいものがあります。もし、より具体的に、詳しくコーチングを学びたい場合は、以下のDVDがおすすめです。

関連するキーワード

アファメーションのポイントは繰り返しおこなうこと

アファメーションは自分自身の目標や願望達成を宣言し、自ら潜在意識に刷り込んでいくという技法です。宣言する内容も具体的であればあるほど明確となり、ゴールとなる目標もはっきりしてくるでしょう。

アファメーションは、何度も繰り返し実行していくことが大切です。鏡を見て、自分の心に言い聞かせる方法が上手くいかないのなら、紙に書いて目につくような場所に貼る、ダイエットを成功させて履きたいスカートがあるなら、そのスカートを目につくところにかけておくなど、意識的に継続させることがポイントとなります。

また、「お金がない」ではなく「お金が貯められる私になる」といったような、肯定的な言葉を使うように心がけましょう。

成功の法則を使って自分なりのプロセスを描く

人生を成功させた人というのは、世の中どのくらいいるのでしょうか。国内では年収1,000万以上の人が約4%程度存在するといわれています。お金を稼ぐことだけが真の成功とは言い切れないのですが、一般的に成功者と呼ばれている人たちの間には、ある共通したルールがあることがわかっています。

そのルールを総称して「成功の法則」と呼びますが、実はそんなに難しいことではありません。例えば、アイデアが浮かんだら即行動に移す、人との関わりを積極的におこなう、自分自身を信じることなどが成功の法則としてあげられます。成功の法則を学んだら、漠然とした意識だけを持つのではなく、自分の目標達成のための具体的なプロセスを描くことが必要です。

トラウマで悩むくらいなら戦う勇気を持ちましょう

トラウマは、ひどくなると日常生活に支障をきたすほどのストレス障害を及ぼし、別名PTSDとも呼ばれます。

トラウマに悩ませられる多くの人は、自分が体験した恐怖の体験を人に話すことができず、似たような体験を意識的に避けようとします。

トラウマは本来、危険を回避するための防御本能なので、誰にでもおこりえることなのですが、「自分の心が弱いから」「人に話すことでフラッシュバックしてしまう」といったような観念から、隠してしまう人も少なくありません。

しかし一度住みついた心の傷は、なかなか癒えることはありません。トラウマは少し意識の変換をするだけで治すことができるのです。勇気を持って、治す ための行動へ移しましょう。

巨万の富を得るビリオネア思考はインドの伝統ジュガール

億万長者のことをミリオネアといいますが、ビリオネアは10億円です。インドから世界に移住し、海外でビジネス展開しているインド系の人々を「印僑」といいます。

驚くことに、全世界のビリオネアの約10%が、この印僑と呼ばれる人たちであることがわかっています。

ビリオネアという巨万の富を得る印僑の人は、一般の人とは思考が少し違っているといわれていて、そのビリオネア思考こそが、インドで古くから伝わる「ジュガール」の教えです。

ジュガールの教えは、少ない力で多くのものを得る方法、自分の枠を超えた発想をし実行に移す方法など、7つの教えに基づいています。実践すれば、頭脳がビリオネア思考へと変化し、運命の歯車が切り替わっていくのかもしれません。

自己啓発(能力開発)を使って潜在意識をシフトチェンジさせる

自己啓発(能力開発)は学ぶだけでは意味がありません。自己啓発(能力開発)の学び得たことを自分の潜在意識に刷り込ませ、実行に移すことが大切なのです。

自分の潜在意識を変えることは、自分を信じていないとできないことであり、建前が邪魔して潜在意識に目を向けることすら難しいと感じるはずです。

まずは自分の心を肯定化するための自己啓発(能力開発)から学ぶことが必要です。「自分はできる」「必ず成功する」といった前向きな気持ちを潜在意識に刷り込ませることから始めましょう。

歴史上で大きな変革をもたらせた偉人たちは、自己啓発(能力開発)から自分を肯定化してきたとされています。著書や名言などから自己を確立させるヒントを掴みましょう。

おすすめの本

おすすめの本

アファメーション/著者:ルー・タイス

アファメーション/著者:ルー・タイス

引用元:フォレスト出版(https://www.forestpub.co.jp/author/lou_tice/)

伝説のコーチが説くアファメーションの脅威とは

米国の自己啓発・能力開発の世界的権威を誇る著者ルー・タイスは、心理学者でもありコーチングというスキルを始めて世界に広げた人物でもあります。

そんな伝説のコーチが説くアファメーションは、人が言葉を支配するのではなく、言葉が人の行動を支配するといったもの。言葉には人生を左右するある一定のルールが存在し、それを実行すれば、思うがままの人生を送ることも夢ではないということをこの本は教えてくれます。

大富豪インド人のビリオネア思考/著者:サチン・チョードリ―

「大富豪インド人のビリオネア思考/著者:サチン・チョードリ―」

引用元:フォレスト出版(https://www.forestpub.co.jp/author/sachin/book/B-1576)

知っておいて損はないインド人のビリオネア思考

あなたがもし、ビリオネア大富豪のような頭脳が欲しいと考えているのならぜひ本書を手にとってみてください。ビリオネアという巨万の富を得る方法は、マハラジャの時代からインドに伝わるジュガールという教えを実行することです。

過去は片言の日本語しか話せず、業績最悪の訪問販売員だった著者サチン・チョードリー氏。母国インドで印僑大富豪のインド人からジュガールを学んでから彼の人生は一転しました。知っておいて損はありません。

more
more