目標達成やパフォーマンスを実現するコーチングとは

スピリチュアル・自己啓発 パーフェクトバイブル

コーチング

Coating

コーチングとは?

「コーチング」というのは、目標の達成やパフォーマンス向上を目的に、対象者を勇気づけてやる気を引き出し、自発的な行動を促すコミュニケーションスキルです。
対象者に質問を投げかけ、自身で考えてもらうことにより、答え(取るべき行動)を明らかにしていく手法がとられます。

point1

1500年代から存在した「コーチング」という考え

コーチングという考え方は、既に1500年代で登場していました。かの有名なガリレオ・ガリレイが、「人に教えることはできない。人が悟るよう手助けすることはできる。」という言葉を残しています。

「コーチ」が英語として使われ始めたのは16世紀に遡りますが、経営関連用語として登場したのは1950年代。そして80年代にはコーチングにまつわる出版物が多く出回るようになります。

これには、当時のアメリカ経済の不況が大きく影響しています。

point2

自分の人生は自分でデザインして創り上げていく!

コーチングには、主に以下の考え方をする点が特徴的です。

「人は無限の可能性を持っている」「その人が必要とする答えはその人の中にある」「その答えに気付くためにはサポートが必要」

これらを基本として、クライアントの「自分の人生は自分でデザインして創り上げていく」という意思を持続させ、目標達成させるためのシステムがコーチングとなります。コーチングにおいては、クライアントが必要とする答えは、クライアント自身が持っているとの前提に立って行われます。

point3

「ビジネスコーチング」と「パーソナルコーチング」

コーチングは、大きく「ビジネスコーチング」と「パーソナルコーチング」に分類されます。

「ビジネスコーチング」は、企業や組織において、個人が本来持つ能力・可能性を最大限発揮させるための、人材育成マネージメントの一環として位置付けられています。

一方「パーソナルコーチング」は、個人の自発的な行動を促してより高い目標達成へと導く為のものであるため、日常のさまざまな面で取り入れることができるのです。

知っておきたいコーチングのポイント

まずは、コーチングとはどういったものを指すのかを解説します。

スポーツなどでもよく聞く言葉ですが、コーチングとは、「ある目的に向けて、学習者を指導する行為」を意味します。その由来は、英語圏で使われるcoachという単語。coachはもともと馬車を指す単語でしたが、「乗客を目的地まで届ける乗り物」という抽象的なニュアンスが転じて、今のような使われ方をするようになったという経緯があります。

ただ、ビジネスの世界で使われるコーチングは、より体系化されたスキルの1つとして解釈されるのが一般的です。目標の達成をサポートするだけでなく、「より普遍的な課題解決能力を身に付けられるよう、学習者の成長をサポートをするスキル」、というニュアンスです。

ビジネスで使われるコーチングでは、コーチを受ける学習者のことを、クライアントと表現します。言葉だけを見ると、コーチとクライアントの間には上下関係があるように思えるかもしれません。例えば上司と部下、先生と生徒、先輩と後輩、というような関係性です。

しかし、コーチングは誰かが誰かを教え導くという単純なものではありません。あくまでも成長を促すためのツールの1つです。知識や経験のある人がまだ未熟な人をサポートする、というのは、コーチングの一つの側面でしかありません。立場が対等な人同士であっても、課題解決や目標解決のために、コーチングのスキルは有用です。

コーチングの3原則をくわしく知りましょう!

コーチングは、クライアントが必ず考えつく、やり遂げることを信じて行うサポート。コーチはクライアントの能力、やる気、無限の可能性を信じ、コーチングを通しサポートするのです。

コーチングの3原則

クライアントが必要とする「答え」はクライアント自身が持っている

  • コーチとしてクライアントに全幅の信頼をおきます。
  • クライアントが気付いていないだけ
  • 中途半端に諦めて教えない
  • コーチ自身がセルフコーチングによって自分自身を信頼する

クライアントは無限の可能性を持っており、課題を自分自身で解決する能力を持っている

  • クライアントは能力のある人
  • クライアントは必ずできる人
  • 中途半端に諦めてコーチが自分でやり出さない
  • クライアントが能力を発揮しないとき、その責任はコーチにある

クライアントが必要とする答えを自身が早く・確実に見つけるため、それをサポートするコーチが必要である

  • コーチとして全力を傾けて支える
  • コーチがサポートすることでクライアントが早くできるようになる
  • 中途半端に諦めてサポートを放棄しない
  • コーチが無理矢理にクライアントを引っ張っていけない

コーチングの実践方法

ビジネスコーチングの実践方法

ビジネスコーチングでは、質問型の対話をしながら相手を説得していきます。上司がコーチとなり、部下がクライアントです。コーチがクライアントに意見を聞いたり質問をします。コーチは指示出しをしないことがポイント。

指示を出せば10分で済むものかもしれませんが、たとえ1時間かかったとしても部下が「納得」してくれれば、以後は自発的に行動してくれるようになるので、十分な値打ちがあります。

パーソナルコーチングの実践方法

パーソナルコーチングでは、クライアントが設定したゴールを達成できるように、健全な心身の状態を作り上げるのがコーチの役割。コーチとクライアントがコーチング関係を結び、定期的に対話を行います。

クライアントは対話を通して自分のゴールを設定し、ゴールを達成できるマインドを形成。そのために、コーチは対話の中でクライアントにたくさん話しかけ、積極的に働きかけましょう。

コーチングの歴史

目標達成を支援するスキルとして幅広く活用

「コーチ」という言葉が生まれたのは1500年代のこと。もともとは「大切な人をその人が望むところまで送り届ける」という意味でしたが、今では「人の目標達成を支援する」という意味で使用されるようになりました。

マネジメントの分野では、1950 年代にハーバード大学のマイルズ・メイス助教授が「コーチングはマネジメントにおいて重要なスキルである」と著書の中で記しています。

1980 年代になると、コーチングに関する書物が数多く流通。これは、当時のアメリカ不況が大きく関わっています。日本においてコーチングスキルの普及が始まったのは1997 年。

普及し始めたころは「人生をどう設計するか」というテーマに沿ったコーチングが盛んでしたが、やがてマネジメントスキルとして注目されるようになりました。現在はマネジメントはもちろん、教育や医療、士業など、コーチングスキルを学ぶ人の職域も広がり、幅広く活用されています。

コーチングの効果

コーチングが成功すると、クライアントには以下のような効果があります。

  • 早く確実に目標を達成できる
  • 目標設定が明確になり、積極的な行動がとれる
  • 自分の強みを理解し、それ以上を目指す
  • 多角的に物事を考察できる
  • やる気にあふれ、自発的に取り組むようになる

クライアントがコーチングを受ける理由は、今以上の結果を得たいから。そのためにコーチがすべきことは、適切な質問の投げかけです。コーチングによる的確な質問は、クライアントに新しい気づきをもたらします。

コーチングは人を育てるための一つの方法。人には「達成したい」という欲求や目標があり、そこに早く到達できるようサポートするのがコーチの役目です。クライアントが目標を達成できるように、ともに答えを探し求め、実現していくプロセスを共有することが重要になります。

コーチングの実践例

成功に導いてくれたと称賛された

自動車開発のプロジェクトリーダーを任されています。コーチングを受けてから弱い自分を自覚。より強い自分を目指すことが自然とできるようになりました。その後部下たちにコーチングを行い、チームが試作車の製造に成功。「成功に導いてくれたのはリーダーのおかげ」といわれたのは、何よりも嬉しかったです。

コーチング実施で生産性がアップした

部署内でコーチングを実施。するとチームの雰囲気が良くなり、格段にコミュニケーションが増えました。それに伴い生産性もアップ!あまりの変化に他部署からの問合せが殺到し、会社全体の向上にもつながりました。

会社内のコミュニケーションが円滑に

会社をあげてコーチングを導入。3ヶ月ほど経った頃、それぞれの部署でマネージャーと部下との対話が増え、コミュニケーションが円滑になりました。今まで希薄だったマネージャー同士の連携も深くなり、お互いの専門分野について意見交換をする機会が増えています。

コーチングが役に立つ場面

コーチングという考え方が登場した頃は、その人の人生にフォーカスをあてた活用方法が主流でした。例えば夢の実現だったり、恋人や友達との良好な関係だったりといったものです。

しかしビジネスの分野でコーチングが導入されるようになってからは、組織のモチベーションを向上させたり、営業スキルに磨きを掛けたり、より実用性の高い目的に使われることが多くなりました。

ほか、スポーツの分野でも当たり前のようにコーチングの技術が使われていますし、最近では教育や子育てなどの分野でも活用されているようです。

このように、コーチングは幅広く応用できるスキルですが、その効果が十分に発揮されないケースというのもあります。

コーチングには、課題解決に向けて相手に考えてもらうというステップが不可欠です。そのため、考える土台となる知識を相手が持っていないケースや、課題について考える時間が取れないケースなどには、十分な効果が発揮されません。

応用範囲は広いものの、適用する状況をしっかり見極める必要があるわけです。

コーチングに必要なスキル

コーチングを行うには、いくつかのスキルが必要とされます。

例えば、コミュニケーション能力。コーチングは、相手のことを理解し、的確な質問をして成長を促していく、というステップを踏みます。信頼関係を築くために相手から情報を引き出したり、状況に応じた的確な質問をするためには、コミュニケーション能力は不可欠というわけです。また、同じ理由からビジネスのスキルや経験もあった方がよいでしょう。

このほか必要なスキルとしては、心理学の知識が挙げられます。コーチングをする過程で相手が思い悩んでしまったりストレスを抱え込んでしまった際に、マイナス感情をマネジメントしてあげることができるからです。

コーチングは有用な技術ですが、掴みどころがないため、一から学ぶのは難しいものがあります。もし、より具体的に、詳しくコーチングを学びたい場合は、以下のDVDがおすすめです。

コーチングに関連するおすすめ情報

おすすめのCD/DVD

「心のブレーキ」の外し方 1週間徹底コーチングプログラム

「心のブレーキ」の外し方 1週間徹底コーチングプログラム

引用元:フォレスト出版(http://www.forestpub.co.jp/b7/)

潜在意識のスペシャリストであるカリスマセラピスト・石井裕之氏がパーソナルコーチとなり、たった7日間であなたを“理想の自分”に生まれ変わらせる!読む・聴く・課題の実践・記録の4ステップを1週間行い、潜在意識を味方につけて自分を成長させるプログラムです。

苫米地式オールライフコーチングプログラム

苫米地式オールライフコーチングプログラム

引用元:フォレスト出版(http://www.forestpub.co.jp/tc-it/)

天才脳機能学者・苫米地英人による、仕事・趣味・健康・家族・恋愛など人生すべてに効果をもたらす集大成メソッド。

独自のトレーニング法により、抽象度の高い思考ができる脳に変え、人生のすべてにおいて成功できるよう設計された非言語式コーチングシステムです。

関連するキーワード

自分の夢や希望などを肯定的な言葉で宣言し、毎日繰り返すことによって脳や潜在意識に刷り込むもの。願望の成就に役立つと言われている。

成功者が共通して持っている特徴や、成功者が実践していること、成功するための心構えなど。さまざまな人物が成功の法則について語っており、その内容も多岐にわたる。

大きな精神的ショックや恐怖が原因で起こる心の傷、精神的外傷。精神的外傷が突如蘇るフラッシュバックなど特定の症状があり、持続的苦痛を伴う場合は急性ストレス障害と言える。

母国インドや日本で数多くの事業を成功に導く実業家・サチンチョードリーの著書『大富豪インド人のビリオネア思考』では、インドに伝わる教え「ジュガール」がキーワードとして出てくる。

「自己啓発」とは、自分自身の能力向上・精神的成長などを、本人の意思によって目指していくこと、またはその訓練のことを言います。「能力開発」に関しても同じ意味を持つ言葉です。