脳を活性化させ健康になる!知られざるチャクラの秘密

スピリチュアル・自己啓発 パーフェクトバイブル

チャクラ

CHAKURA

チャクラとは?

チャクラは、人間の生命・肉体・精神の働きをコントロールする重要なエネルギーの出入り口。体内で気が巡る節でもあります。
ヨガや瞑想などを行う時にはチャクラに意識を集中し、外界から良好な気のエネルギーを取り入れます。つまり重要なヒーリングスポットなのです。

point1

古代インドを発祥とする「チャクラ」の意味

チャクラは、古代インドで発祥した考え方だと言われています。

サンスクリットで「円」「円盤」「轆轤(ろくろ)」「車輪」を意味する言葉であり、ヒンドゥー教のタントラやハタ・ヨーガ、仏教の後期密教では、人体の頭・胸部・腹部等にあるとされている「中枢」を指す語です。

point2

チャクラが正常だと、健康で脳も活性化されます

チャクラが開き、正常に働いている状態の時は、心も体も健康であり、エネルギーにも満ち溢れています。脳も活性化されて、閃きが生まれると言われています。

しかし反対にチャクラが閉じてしまうと、感覚が鈍ったり、病気にかかったり、また失敗や不運を招きやすくなると言われています。

point3

7つのチャクラのバランスがとても重要!

人間や動物には中心線に沿って7つのチャクラがあり、これら7つのチャクラがある程度のバランスを保って、すべてが活性化している状態が望ましいとされています。

部分的に活性化していると、たとえば体調を崩したり、悪霊に憑かれたりといった危険なことが起こりやすいと言われます。

知っておきたいチャクラのポイント

チャクラの活性化には、イメージすることがとても重要!

チャクラを活性化させるためには、イメージや瞑想を行うことも非常に重要だと考えられます。チャクラが開いてそこから自然のエネルギーが入ってくることを、自分の中でイメージしてみるのです。
チャクラは、向かって右回りに回転しているため、イメージもしくは実際に自分の手を使い、チャクラを回してみてください。重要なのは、はっきりと明確にイメージすることです!
どれか1つのチャクラを活性化してもあまり効果は得られないため、ルートチャクラから順にすべてのチャクラを活性化させるイメージを行います。ぜひ毎日実践してみましょう!

7つのチャクラの場所と意味を知る

チャクラは背骨に沿って真っすぐ7つあり、エネルギーの出入り口となって外界と体内を結んでいる経穴(ツボ)です。第1チャクラから第7チャクラまで、尾てい骨から脳に向かって位置します。チャクラを活性化させるには、体内にある7つのチャクラの場所と、それぞれの意味を知ることからはじめましょう。

第1チャクラ:肛門と性器の間

生命力やパワー、情熱を司ります。
対応する身体の部位:骨や骨格 / 内分泌腺:腎臓や副腎

第2チャクラ:丹田(へその下数センチ)

感受性や情緒のバランス、物欲や性を司ります。
対応する身体の部位:卵巣・精巣 / 内分泌腺:性器・膀胱・大腸・前立腺・骨盤

第3チャクラ:みぞおち

理性や個性、自我、不安や自信を司ります。
対応する身体の部位:膵臓 / 内分泌腺:胃や肝臓などの消化器系

第4チャクラ:心臓・胸の中央

喜怒哀楽の感情や信頼、慈愛に希望を司ります。
対応する身体の部位:胸腺 / 内分泌腺:心臓や肺といった循環器系

第5チャクラ:のど・首の付け根中央

意思や知識、創造性、判断力や自己表現を司ります。
対応する身体の部位:甲状腺 /内分泌腺:のどや口、甲状腺

第6チャクラ:額の中央

「第三の目」と言われているところで、鋭敏な感覚や知性、精神の成熟を司ります。
対応する身体の部位:脳下垂体 / 内分泌腺:脳・神経系

第7チャクラ:頭頂

第7チャクラは直接的な感覚ではなく、意識やほかのチャクラを司ります。自己を超越した超能力や超感覚と言われ、宇宙や神との一体感を表しています。
対応する身体の部位:脳にある松果体 / 内分泌腺:大脳皮質や皮膚

チャクラを活性化させるには

チャクラを開いて活性化させることにより、身体の調子を整え、肉体と精神を健常に保つことも可能になると言われています。逆にチャクラが閉じている状態だと、病気になったり感覚が鈍ったりと、あらゆることが失敗しやすくなり、結果として不運を招くそうです。チャクラを活性化させるにはいくつかの方法があります。

古代のヨーガによる精神の鍛錬

例えばヨーガ。古代インド発祥のヨーガは、元々は心身の鍛錬によって自分自身を制御することで精神を統一し、輪廻転生に至ろうとするためのものです。現代のエクササイズ的なヨガは、古代のヨーガと多少異なる点が問題視され、取りざたされることもあります。チャクラを活性化させるために効果的なのは、古代のヨーガに従った形式を取ることです。

質の高い瞑想

また、瞑想もチャクラを癒し、活性化させるのに有効です。瞑想とは、精神を落ち着かせ思考能力を高めることにも良いとされ、人生の質を向上させる役割を果たします。ただし瞑想を行なっている最中は良くも悪くも影響を受けやすくなるため、事前の対策が必要です。瞑想をする前には手洗いうがいやシャワーを浴びて清潔にし、部屋の掃除、換気をしてから集中できる状態をつくりましょう。質の高い瞑想が、チャクラの活性化を促します。

そのほかにも気功やヒーリングなど、様々な方法が研究されているので、自分に合った方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

※一般的に言われていることであり非常に個人差があるようなので、注意が必要です。

チャクラが安定していると

チャクラが安定すると、心身すべてが良い状態へと導かれます。
体の自覚としては、まず目覚めが良くなります。入眠がスムーズで睡眠が深くなるからでしょう。良質の睡眠が得られれば、免疫力もアップして健康な体が維持されます。

精神面の自覚としては、まず思考や感情がポジティブになります。何事にも前向きで元気に過ごせるようになるので、結果として笑顔が多くなり、周囲に人を引き寄せるでしょう。また、頭の働きが良くなって直観力が鋭くなったり、心がおおらかになったりするとも言われています。

日頃から体調が悪い人、寝つきの悪い人、何事にも前向きになれない人などは、逆にチャクラが安定していない可能性があります。すべてのチャクラを安定させるため、良質の瞑想などを実践していきましょう。

チャクラに関連するおすすめ情報

おすすめのCD/DVD

聴きながら眠るだけで7つのチャクラが開くCDブック

聴きながら眠るだけで7つのチャクラが開くCDブック

引用元:フォレスト出版(http://www.forestpub.co.jp/chakra_audio/)

チャクラ専門家による世界最高峰のクリスタルボウル演奏が豪華8曲(67分35秒)収録されたCDブックです。クリスタルボウル(水晶)の演奏を聴きながらウトウト眠るだけで、第7チャクラ(チャクラとはエネルギースポット)まで開くことが可能!神秘的なクリスタルボウルの響きがストレスや不安を和らげて、あらゆる不調を整えてくれます。

関連するキーワード

弱ってしまった魂を回復させたり、厄・邪気・穢れと言われるようなものが溜まってしまった魂をきれいに戻すのが「魂の浄化」。音や香り、食べ物、パワースポットなど方法はさまざま。

人間の生命・肉体・精神の働きをコントロールする重要なエネルギーの出入り口。ヨガや瞑想、アーユルヴェーダ等を行ううえで重要視されており、大切なヒーリングスポットである。

心を静めて神に祈ったり、心を集中させて無心になったり、目を閉じて深く静かに思いを巡らすことなどを瞑想(メディテーション)という。

人が自然体になったときに流れる「自然の気」「自然のエネルギー」のこと。意識しなくても常に流れており、誰でも使うことができる。ヒーリングや医療現場でも用いられる。

「ヒーリング」という言葉は、単なるリラクゼーションから、トラウマや難病からの解放まで広く「心と体の健康を回復する」という意味で使われます。自身が身に宿している守護天使や大天使をつながることで、癒しをもたらす「エンジェルヒーリング」も、近年注目を集めている。