世界最古の伝統医学・アーユルヴェーダに迫る

スピリチュアル・自己啓発 パーフェクトバイブル

アーユルヴェーダ

ayurveda

アーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダは、世界3大医学のひとつ。インド・スリランカで生まれたもので、長い長い歴史を持つ世界最古の伝統医学。
病気を患ってしまった場合の治療はもちろん、そもそも「病気になりにくい心身」をつくること、つまり健康を維持する「予防医学」の側面を大切にしているのが特徴です。

point1

インド発祥!5,000年の歴史を持つ伝統医学

アーユルヴェーダの発祥は、インド・スリランカ。約5,000年以上の歴史を持っている世界最古の伝統医学として知られています。

サンスクリット語の「Ayuh(生命・寿命)」「Veda(科学・知識)」を組合せた言葉から、生命そのものを科学する医学、また実践的な生活健康法として現代まで受け継がれてきました。

point2

健康維持に重きを置いた「予防医学」

アーユルヴェーダはWHOにより公式承認されています。病気の症状を取り除く「西洋医学」に対し、より健康に若さや長寿を保つことを目的にした「予防医学」です。

非常に洗練された健康法としていつからか脚光を浴びるようになり、1977年には、ヨガとともに日本でも知名度が上がり多くの人に注目されるようになりました。

point3

毒素の溜まらない生活を習慣づけるマッサージ

心身共に「毒素(アーマ)」を排出し、クリアな状態で次のステップに進むことが大切であるとアーユルヴェーダでは考えます。

ただ単に心地よいマッサージなのではなく、個々に応じた「毒素の溜まらない生活の仕方」が分かってくるので、自分でコントロールして健康な生活を送れるようになるのです。

知っておきたいアーユルヴェーダのポイント

身体の構成エネルギー「ドーシャ」が乱れると病気になる

アーユルヴェーダにおいては、身体を構成するエネルギーを「ドーシャ」と呼びます。このドーシャが乱れていると病気になる、と考えるのです。そしてそのドーシャの乱れを触診・視診・聴診・問診によって診ます。
ドーシャは「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」というの3つの生命エネルギーを持っており、これらが余計に増えてしまうと、ドーシャが乱れて病気につながると考えられているのです。
ドーシャの診断でドーシャ・バランスが乱れた状態が見受けられた場合には、「オイルマッサージ」と「心身浄化法(パンチャカルマ)」が勧められます。
「アビヤンガ」とも呼ばれるオイルマッサージは、オイルを用いた全身のマッサージ。アビヤンガでは、アーユルヴェーダ医から処方されるハーブを含んだオイルのマッサージにより、肌から体内へオイルを吸収させてドーシャの乱れを鎮静させます。

自分のドーシャ(体質)を知る

人にはそれぞれ生まれ持ったドーシャ(体質)があります。ここでは、3タイプのドーシャについて、それぞれ説明します。

ヴァータとは

ヴァータは風のエネルギーと言われ「空」と「風」の元素から構成されます。身体においては運動エネルギーとして身体活動や感覚を司っており、心臓の拍動に始まり細胞質や細胞膜内、筋肉、呼吸まで多くのはたらきを制御しています。

ヴァータ体質の特徴(体型・性格など)

ほっそりした体型の人が多く、極端に背が高かったり、もしくは低かったりします。手足の長短も同じく極端です。筋肉質ではなく、血管や関節がはっきりとしています。 性格は快活で想像力が豊か、好奇心が強い傾向があります。理解力、記憶力が高いですが、飽きっぽく心配性な面があります。

ヴァータ体質が意識して摂取すべき食事

熱を通したり、油で炒めたりした食事が好ましいです。おすすめは鍋料理や煮込み料理。また甘味や酸味、塩味の多いものも良。玄米や鶏肉、魚、卵をメインにしましょう。

ヴァータ体質が避けた方が良い食事

生野菜、ナス科の食べ物や、冷たい食べ物、それに多量の豆類は避けたほうが良いです。ヴァータ体質の人はバランスを崩しやすいため、摂取すべき食事も摂りすぎは控えましょう。

ピッタとは

ピッタは火のエネルギーと言われ「火」と「水」の元素から構成されます。身体においては返還エネルギーとして代謝や消化、吸収、熱を司っており、ホルモン系や免疫力、さらには神経系統における体内システムも制御しています。

ピッタ体質の特徴(体型・性格など)

中肉中背、標準的な体型が多いことが特徴です。髪質が柔らかく、若白髪や若禿げになる傾向が見られます。寒さに強いですが反対に暑さには弱く、汗っかきです。 性格は知的で情熱的。リーダーシップを発揮しやすく、正義感に燃えています。物事を論理的にとらえることができる反面、見栄っ張りでブランド志向の傾向アリ。

ピッタ体質が意識して摂取すべき食事

甘味や苦味、渋味のある食べ物が好ましいです。ブロッコリーやアスパラガス、レンコン、カボチャなど、緑黄色野菜を摂るようにしましょう。牛乳、無塩バター、肉類は鶏肉なども良。

ピッタ体質が避けた方が良い食事

塩分の多い食べ物、調味料、そして辛みの強い食べ物は避けたほうが良いです。また、肉類や卵、揚げ物、ナッツに加え、トウガラシやニンニクなどの刺激物も控えましょう。

カパとは

カパ(カファともいわれる)は水のエネルギーと言われ「水」と「地」の元素から構成されます。身体においては結合エネルギーとして体の構造や体力の維持、同化作用を司っており、体細胞のつながりを維持するはたらきも担っています。

カパ体質の特徴(体型・性格など)

恰幅がよく大柄で、骨太が特徴です。カパは太りやすく、体重が比較的重め。髪は黒く艶があり、目が大きく、歯並びが綺麗に揃っています。 性格は物静かで穏やか、忍耐強いです。物覚えは良いとは言えませんが、一度覚えたものに関してはなかなか忘れません。慈愛に満ちており、反面保守的な傾向もあります。

カパ体質が意識して摂取すべき食事

温野菜が望ましく、サラダの場合はスパイスをかけると良。豆料理や豆腐、豆乳、マンゴーやパパイヤなどのよく熟れた果物が好ましいです。そのほかにもショウガやレッドペッパー、胡椒、コリアンダーなどのスパイス、非加熱の蜂蜜などがあります。

カパ体質が避けた方が良い食事

塩分の多い食べ物、調味料は避けましょう。ほかに肉類や卵、バナナなどの果物、冷凍食品などがあります。

大切なのはドーシャのバランスを整えること

3タイプの体質を紹介しましたが、必ずしもどれかのドーシャが100%で他のドーシャを持ち合わせていない、ということではありません。人それぞれ、大きく支配しているドーシャが違うというだけで、大切なのはドーシャのバランスを整えることです。人によっては、3つのドーシャがバランスよく整った「トリドーシャ」という体質の人もいます。

ドーシャの整え方など、もっと詳しくアーユルヴェーダについて学びたい人は、次の本がおすすめです。

アーユルヴェーダに関連するおすすめ情報

おすすめの本

あなたの「年齢」は意識で決まる

あなたの「年齢」は意識で決まる

引用元:フォレスト出版(http://www.forestpub.co.jp/books-detail.cfm?ItemCode=B-1738)

統合医療の第一人者であり、王室や大統領、ハリウッドセレブたちのメンターとしても活躍するディーパック・チョプラ博士が、人体の無限の可能性を提示。生まれつきの肉体を何とかやりくりするのではなく、まったく新しい体へのアプローチ方法を提案します。意識次第で時間をコントロールし、いくらでも若いまま、生きていく方法が明かされます!

関連するキーワード

弱ってしまった魂を回復させたり、厄・邪気・穢れと言われるようなものが溜まってしまった魂をきれいに戻すのが「魂の浄化」。音や香り、食べ物、パワースポットなど方法はさまざま。

人間の生命・肉体・精神の働きをコントロールする重要なエネルギーの出入り口。ヨガや瞑想、アーユルヴェーダ等を行ううえで重要視されており、大切なヒーリングスポットである。

心を静めて神に祈ったり、心を集中させて無心になったり、目を閉じて深く静かに思いを巡らすことなどを瞑想(メディテーション)という。

人が自然体になったときに流れる「自然の気」「自然のエネルギー」のこと。意識しなくても常に流れており、誰でも使うことができる。ヒーリングや医療現場でも用いられる。

「ヒーリング」という言葉は、単なるリラクゼーションから、トラウマや難病からの解放まで広く「心と体の健康を回復する」という意味で使われます。自身が身に宿している守護天使や大天使をつながることで、癒しをもたらす「エンジェルヒーリング」も、近年注目を集めている。