押さえておきたいオーラの持つ特徴や意味

スピリチュアル・自己啓発 パーフェクトバイブル

オーラ

Aura

オーラとは?

内面や身体から放たれる霊的エネルギーが「オーラ」です。性格や体調、精神状態などにより色・形・大きさが異なり、その人を形成する独自の色を持っているとされます。
オーラは一色とは限らず、多くの人が複数の色を持っているとされ、その中でも特に強い色が、その人の特徴を表す色とされているのです。

point1

「霊体のオーラ」「幽体のオーラ」の2種類が存在

オーラには「霊体のオーラ」「幽体のオーラ」の2種類があります。霊体のオーラは、持って生まれた人格や本質が分かるもので、基本的にはあまり変わりません。

一方、幽体のオーラは、肉体(感情)の健康状態を表すもので、日々変化します。

point2

オーラの強弱は感受性の強さ・弱さも反映します

色により良し悪しがあるわけではありません。ただオーラの強弱は感受性の強さ・弱さも示します。

オーラが強い人はインスピレーションが働いており、オーラカラーが表す個性を発揮している人と言えます。弱い人は、個性を眠らせている状態と言えます。

point3

サイキックアタックによる影響に注意

オーラは心身の状態や感情などにより、濃くなったり薄くなったりします。強い感情や意志、人生が劇的に変わるような経験で色自体が変わることもあるでしょう。

また、「サイキックアタック」と呼ばれる霊的攻撃により、オーラが傷付くこともあります。

知っておきたいオーラのポイント

それぞれのオーラカラーの持つ意味や特徴をチェック!

気になるのが、各オーラカラーの意味。以下に、主な色を一覧にしてみました!


  • バイタリティがあり、活動性や積極性を表す色。統率力があり、行動的で即断即決、実行するタイプの人に多くみられます。

  • 明朗、好奇心、ユーモア、依存心などの意味を持つ色。周りを楽しい気分にさせる色です。癒し系と言われる人に多い色ですが、繊細さや流されやすさも傾向として見られます。

  • 安定・平和・調和などの意味を持つ色。人の心を落ち着かせて安らぎを与えます。頭脳明晰で冷静、また穏やかな人に見られる色です。

  • 知的・冷静を意味する色。洗練された印象の頭脳明晰な人に多く見られ、分析力や判断力なども併せ持っていることが多いです。
  • オレンジ
    陽気・冒険・創造性などの意味を持つ色。人生を前向きに捉えられる人に多く見られるカラーです。集団内で中心になる華やかなタイプで、チャレンジ精神も旺盛でしょう。
  • ピンク
    安らかで幸福感を与える色。献身的な愛や女性的気品、安心感などの意味を持ちます。博愛主義者に多いカラーです。

  • 神秘的・信仰心・直観力を表します。信仰心のある人に多く見られる色です。また色気に関わる色でもあります。

  • 自由・孤高・創造性などの意味を持つ色。精神性の高い人に出る色です。カリスマ性があり、良くも悪くも周囲の注目を浴びる宿命にあります。

  • 無・停止・安らぎと休息といった意味を持ちます。体調不良時に出る色でもあります。

  • 光・純真・万能の意味を持ち、すべての色を含む強力エネルギーを抱える色です。成功者によく見られる色でもあります。

上記の他にも、例えば黄緑色のオーラカラーであれば「黄+緑」と考え、それら両方の特徴を備えていると考えます。青緑、赤紫といった色も同じですね。

オーラの実践方法

オーラの状態は、その時の感情や体調に大きな影響を受けます。例えば、ネガティブな思考で負のパワーが溜まればオーラは汚れ傷つくため、常日頃からポジティブな思考や行動をすることが大切。アイテムや専門家のヒーリングでも、ある程度オーラの調整が可能です。

パワーストーンでオーラの色を変える

パワーストーンの持つ色やそれぞれの特性により、オーラの色を変化させることが可能。本来自分が持つオーラに近い色や特性のパワーストーンを持ち、自分らしい魅力を高めるのも大事です。

オーラヒーリング

ネガティブな思考による負のパワーで汚れたり、他人の負のエネルギーの影響で傷ついたオーラを専門家の力を借りて元に戻します。

オーラの歴史

科学的に存在が証明されている

オーラは、イギリスやロシアで「微弱な電磁エネルギー」や「電磁場」として、研究され始めました。1869年にウォルター・キルナー博士がオーラを科学的に証明することに成功。その際、性別や年齢などによって一人ひとり違うオーラを持つことに気づいたのです。1890年には発明家のニコラ・テスラも身体全身のオーラを撮影することに成功しています。

その後、ロシアのキルリアン夫妻により、ニコラ・テスラが撮影したものよりも鮮明にオーラを映すことができる機械が発明されると、オーラと肉体の関連性がわかるようになりました。近代では、オーラと生命や精神エネルギーをコントロールするチャクラの関係性の研究が進んでいます。

オーラの効果

オーラの状態を美しく保つためにポジティブな思考・行動をしていると、いつの間にか理想の自分に近づくことができます。定期的にオーラの色を診断してもらい、なりたい自分のイメージに近い色になるようにパワーストーンで調節するのがおすすめです。

また、ネガティブな感情や他人の負のパワーによりオーラが汚れたり傷ついたりした場合には、オーラヒーリングで元の状態に戻してあげてください。元のキレイなオーラに戻すことで、本来の自分の輝きを取り戻すことが可能です。

理想的な自分のイメージをしっかり持ち、オーラの色をコントロールすれば潜在能力を活性化することができます。

オーラの実践例

胸のつかえが取れました

専門家にオーラを診断してもらった際に、長年の悩みであった母との悪い関係は自分の行動に問題があったことに気づかされたんです。気分がすっきりして胸のつかえがとれました。オーラが私に「前を向け」と言ってくれたような気がします。これからも定期的にオーラ診断をして、自分を見直していきたいです。

まずはやってみよう!と思えるように

すぐに行動できない自分から脱却しようと、オーラヒーリングを受けることに。私の心を見透かしたような診断結果でした。今まで自分が勝手に制限をかけていたことに気づき、まずはやってみよう!と思えるように。オーラがキレイになったおかげか、精神的にすごく安定しているように感じます。

オーラに関連するおすすめ情報

おすすめの本

「キラキラオーラがある」と言われる人になる秘密のレッスン

「キラキラオーラがある」と言われる人になる秘密のレッスン

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/「キラキラオーラがある」と言われる人になる秘密のレッスン-叶ルミ子-ebook/dp/B01F1JKO7I)

“願いを叶えてキラキラ輝く魔法”を教えながら女性が輝くためのライフサポートをしている著者が、周りからキラキラオーラだと言われたり街で二度見されたりといった自身のエピソードを交えつつ、輝いている女性・カリスマ性のある女性の共通点がオーラであることを解説。オーラを磨くことで、周りから愛される魅力的な女性になることを伝えています。

関連するキーワード

弱ってしまった魂を回復させたり、厄・邪気・穢れと言われるようなものが溜まってしまった魂をきれいに戻すのが「魂の浄化」。音や香り、食べ物、パワースポットなど方法はさまざま。

過去世で何度も出会っており、肉体を越えた深いつながりを持つ相手。ソウルメイト同士はお互いの「魂」を成長させるため、現世でも巡り会うことが約束されているとされる。

人間の生命・肉体・精神の働きをコントロールする重要なエネルギーの出入り口。ヨガや瞑想、アーユルヴェーダ等を行ううえで重要視されており、大切なヒーリングスポットである。

心を静めて神に祈ったり、心を集中させて無心になったり、目を閉じて深く静かに思いを巡らすことなどを瞑想(メディテーション)という。

人が自然体になったときに流れる「自然の気」「自然のエネルギー」のこと。意識しなくても常に流れており、誰でも使うことができる。ヒーリングや医療現場でも用いられる。