アカシックリーディングにアクセスするための注意点

スピリチュアル・自己啓発 パーフェクトバイブル

未来リーディング
・アカシックリーディング

The future leading

未来リーディング・アカシックリーディングとは?

全宇宙の記憶が記録されているアカシックレコードへアクセスし、その中から今抱えている問題の解決方法や未来を、読み解いていくことがアカシックリーディングです。

未来を予知し、望む方向へすすむ

宇宙誕生からすべての存在の記録がされているアカシックレコードを紐解くことで、悩みの解決の糸口を見つけることができます。人生を左右するような大きなハードルも、事前に予知することでその高さを下げて乗り越えやすくなります。

point1

アメリカで20世紀前半に活躍した先駆者たち

アカシックリーディングの先駆者は、20世紀前半に活躍したアメリカのエドガー・ケイシー。24歳でこの能力を発現し、67歳で亡くなるまで、記録されているだけでも14,306件のリーディングを残しています。
この技は、リア・バイヤーズやアロン・アブラハムセン、リンダ・ギブソン、ラマ・シングといった霊能者たちに引き継がれました。

point2

アカシックリーディングへアクセスする方法は?

アクセス方法は2種類あると言われています。1つは「瞑想」によるもの。もう1つは、ヒプノセラピストのヒアリングを受けて深い変性意識状態に導いてもらうもの。
ちなみに、アカシックレコードに自分でアクセスできるならば良いのですが、アクセスできない場合は、アカシックリーディングができる人に見てもらうのが良いと言えます。

point3

アカシックレコードへアクセスする時の注意点とは?

アカシックレコードの情報は、閃きや匂い、断片的なイメージなどさまざまな形で現れます。ですので内なる声にしっかり耳を傾け、注意深く観察しましょう。
アクセス中は心がオープンになっていると同時に無防備です。マインドコントロールされやすい状態でもあるので、セミナー講師などが信頼できる人かどうかは調べておきましょう。

未来リーディング・アカシックリーディングの目的

全宇宙でおきる過去、現在、未来そして人類全ての想念が書かれている記録層アカシックレコードへアクセスする方法としてのリーディングがあります。アカシックリーディングの技術を使ってアカシックレコードへアクセスすれば、過去におこったできごと、悩みや問題の解決法、そして未来におこることまで、全てわかってしまいます。

なぜこれほどまでに人々は、答えを求めるのでしょう。それにはやはり目的があるからです。

人は長い人生を歩む側面でさまざまな問題や壁に当たることがあります。心が疲弊し、悲しみに包まれるときもあります。そんなとき、アカシックリーディングを通して、隠れた才能や人間関係、健康、未来、そしてこの世に生まれてきた理由などを知ることにより心が癒され、新たな自分自身の気付きを与えられることになります。

時代を問わず、アカシックレコードの答えは、多くの人々から求められてきました。アカシックリーディングが初めて誕生したのは、1888年代、近代スピリチュアルの創始者で知られるブラヴァツキー夫人であるという説が残っています。しかし実際は、古代エジプト文明の時代から、予言者とされる人物が、アカシックリーディングを日常的におこなっていたという話しもあり、目的はいつの時代も変わらないことが伺えます。

未来リーディング・アカシックリーディングの実践方法

リーディング方法にはいくつか種類がありますが、ここでは1人でできる方法をお伝えします。

身のまわりの空間を整える

まずは締め付けのないゆったりした服装に着替え、リラックスできる体勢になりましょう。背もたれのある椅子にもたれかかったり、床に寝転んだりするのがおすすめです。アカシックレコードを読み解くには神経を研ぎすませることが大切なので、できるだけ集中できる環境にしておいてください。

アカシックリーディングの手順

  1. まずは全身の筋肉を緩めます。つま先・太もも・お腹・肩の順に下から上へ意識を移動させ、筋肉に力を入れたり脱力させたりしましょう。
  2. 筋肉が緩んだら「真っ黒な全身鏡」を想像します。この鏡がアカシックレコード(霊界の場)とつながる扉です。
  3. 鏡の中へ飛び込み、知りたいことを質問します。頭の中にイメージが浮かんできたり、ニオイや音を感じたりしたら、それがアカシックレコードからの答えです。もしうまく理解できなかった場合は「理解できる形で伝えてください」と言えば、わかりやすく教えてもらえますよ。

未来リーディング・アカシックリーディングの実践方法

アカシックリーディングは、霊能者や占い師、ヒプノセラピストといったリーディングのプロにお願いをする方法がありますが、実は誰でも訓練すれば簡単に実践することができます。具体的な実践方法を解説します。

  1. 身のまわりの空間や自分の心の浄化をおこないます。
  2. 座って目を閉じ、頭の中をからっぽにして自分の呼吸だけに意識を集中させます。
  3. 自分の心の奥深くに眠る潜在意識を感じます。
  4. 今度は自分の目の前に真っ黒な鏡が現れます。鏡はアカシックレコードとつながる扉です。
  5. 鏡の中に飛び込み、聞きたいことを心で伝えましょう。
  6. アカシックレコードを読み解きます。

アカシックレコードの答えは、さまざまな形で現れます。断片的なイメージであったり、閃き、匂いで伝わってくる場合もあります。守護霊にお願いをして読み解いてもらったり、導いてくれるケースもあります。

また、アカシックレコードは読み解く人の潜在意識レベルまでしか聞くことができません。つまり、読み解く人の魂が理解できる範囲までということです。他人のことなど理解できない範囲内になってくると教えてはくれません。悪用できないようなシステムになっているのです。

アカシックレコードを読み解き戻ってきたら、忘れないうちにすぐにメモに記録しましょう。

未来リーディング・アカシックリーディングの実践例

原因不明だった身体の痛みが解消

20代半ばから背中に痛みを覚えるようになりました。病院で診察を受けても原因不明で、痛み止めを処方してもらいましたが効果ナシ。藁にもすがるような思いでアカシックリーディングを実践すると、痛みの原因が「自分の気持ちを無理やり押し込めていること」だとわかりました。原因がはっきりすると気持ちが軽くなり、気持ちを我慢しないようにすることで症状がみるみる改善。痛みがまったくなくなりました。

未来がわかると気持ちが明るくなります

3年後や5年後の未来をアカシックリーディングによって教えてもらえるセミナーがあったので、参加してきました。私からは何も話していないのに、知人の名前を言い当てられてビックリ!これからその人との間で起こるであろうトラブルを教えてもらい、回避するようにアドバイスされました。未来への不安が消え、前向きに行動できています。

関連するキーワード

宇宙の法則の特徴は大きく3つに分類される

実践すると幸せを引き寄せられるとされている宇宙の法則ですが、特徴として大きく3つに分類されます。ひとつは、「思考の法則」もうひとつは「言霊による法則」そして最後は「行動の法則」この3つです。思考の法則は、ポジティブな発想をするとプラスの出来事がおこり、逆にネガティブな発想をするとマイナスの出来事がおこるといったもの。言霊による法則も、同じ原理です。周囲に対していつもイライラした言葉をかけている人には、イライラした言葉が返ってきますし、いつもありがとうと声をかけていると、人から感謝される人になります。行動の法則も、他人に対して良い行いをすれば、あなたがピンチになったとき周囲が助けてくれます。幸せを引き寄せるため、いつも心を浄化して綺麗に保ち、マイナスの感情で曇らせないように気をつけましょう。

ソウルメイトはどんな場合に現れるのか

「魂の友」とも呼ばれるソウルメイト。自分はこれまでの人生で出会っているのだろうかと疑問を抱く人も多いかと思います。あなたがもし、これまでの人生でソウルメイトらしき人に出会った経験がないとするなら、改善すべきことがあるのかもしれません。それは、積極的に行動に移さないタイプで人との交流を避けてしまうといった場合です。ソウルメイトは、あなたが新しい行動をおこすとき、苦しい状況でもがいているとき、突然誘われたパーティーに参加したときなどに現れやすいといいます。お互いを助け合い、心の成長を共にする縁の深い人ですので、こうした状況を自分でつくり出していないとするのなら、ソウルメイトと出会える確立は低くなってしまうことでしょう。

チャネリングは誰でもできる?

チャネリングとは、私たちが生きている別の次元と意識レベルでつながり、メッセージを受け取ることをいいます。この能力は全知全能ではないため、ごく一部の特殊な人にしか適応できないと考える人も少なくないのですが、実はそうではありません。チャネリングは訓練すれば誰でもおこなうことができるのです。霊的な世界とつながるチャネリングのことを懐疑的に見ている人でさえ、偶然ばったり思いがけない人と会った、虫の知らせを聞いた、心動かされるまま新しい習い事を始めた、といったようなスピリチュアルな体験をしたことがあるはずです。このような体験は、まさに霊的な世界とつながっている証拠であり、チャネリングをおこなえる可能性を秘めていることにつながるのです。

more
more