注目のスピリチュアル・自己啓発キーワード解説

スピリチュアル・自己啓発 パーフェクトバイブル

徹底解説!いま注目されている
スピリチュアル・自己啓発キーワード集

このカテゴリーでは、スピリチュアル・自己啓発にかんする
キーワードをピックアップし、
それぞれについて詳しくリサーチ・解説しています。 そのキーワードに関連する著書やセミナーなども紹介しているので、
ぜひ参考にしてくださいね!
以下には、各キーワードの概要をまとめてみました。

スピリチュアル・自己啓発の完全ガイド » 徹底解説!いま注目されているスピリチュアル・自己啓発キーワード集

アファメーション

自分の夢や希望などを肯定的な言葉で宣言し、毎日繰り返すことによって脳や潜在意識に刷り込むもの。願望の成就に役立つと言われている。世界的カリスマコーチ・アンソニー・ロビンズも活用していることで知られる。

アファメーションについて詳しく解説

アーユルヴェーダ

インド・スリランカで生まれた世界最古の伝統医学であり、世界3大医学のひとつ。病気になりにくい心身をつくること、つまり健康を維持する「予防医学」の側面を大切にする。

アーユルヴェーダについて詳しく解説

宇宙の法則

思考と物質との垣根を越え、自分の人生を思いどおりに導く方法。なかでも「引き寄せの法則」や「思考現実化の法則」など法則を使いこなすことで、人生を自在にコントロールすることもできるようになる。

宇宙の法則について詳しく解説

NLP

今までの人生の中でプログラミングしてきた思考・経験を書き換え、リプログラムする実践法を開発してきた心理学の一種。教育、政治、ビジネス、スポーツ、医療など幅広い分野で注目される。

NLPについて詳しく解説

オーラ

内面や身体から放たれる霊的エネルギー。性格や体調、精神状態などにより色・形・大きさが異なり、その人を形成する独自の色を持っているとされる。オーラの強弱は、感受性の強弱を示すとも言われる。

オーラについて詳しく解説

コーチング

目標達成やパフォーマンス向上を目的に、対象者を勇気づけてやる気を引き出し、自発的な行動を促すコミュニケーションスキル。質問を投げかけて自身で考えてもらうことで、取るべき行動を明らかにしていく。

コーチングについて詳しく解説

幸せの法則

幸せのメカニズムや、幸せそうな人に見られる共通点、幸せを呼び込むための法則といったものにかんする考え。いくつもの説(法則)が説かれており、さまざまな著書などが存在する。

幸せの法則について詳しく解説

自己啓発・能力開発

本人の意思で能力向上・精神的成長などを目指すこと、またそのための訓練。「より高い能力」「より大きな成功」「より充実した人生」「より優れた人格」といったものを目指す。

自己啓発・能力開発について詳しく解説

浄化

弱ってしまった魂を回復させたり、厄・邪気・穢れと言われるようなものが溜まってしまった魂をきれいに戻すのが「魂の浄化」。音や香り、食べ物、パワースポットなど方法はさまざま。

浄化について詳しく解説

シンクロニシティ

偶然では割り切れない、因果関係のない「意味のある一致」のこと。確率的に考えればほぼ起こり得ないことが、身の回りで観察されることを言う。自分が引き寄せた偶然や宇宙からのサインともされる。

シンクロニシティについて詳しく解説

スピリチュアル

もともとはラテン語に由来する宗教用語。「宗教的・精神的な物事」「教会に関する事柄」または「神の」「霊の」「聖霊の」「魂の」「超自然的な」「精神の」「神聖な」「教会の」といった意味を持つ。

スピリチュアルについて詳しく解説

成功の法則

成功者が共通して持っている特徴や、成功者が実践していること、成功するための心構えなどを法則としてまとめたもの。さまざまな人物が成功の法則について語っており、その内容も多岐にわたる。

成功の法則について詳しく解説

セレンディピティ

予想外のものを発見したり、素敵な偶然に出会うこと。また、何かを探しているときに、その探しているものとは別の「価値あるもの」を見つける能力。ふとした偶然をきっかけに幸運を掴む能力。

セレンディピティについて詳しく解説

ソウルメイト

過去世で何度も出会っており、肉体を越えた深いつながりを持つ相手のことを言う。ソウルメイト同士はお互いの「魂」を成長させるため、現世でも巡り会うことが約束されているとされる。

ソウルメイトについて詳しく解説

チャクラ

人間の生命・肉体・精神の働きをコントロールする重要なエネルギーの出入り口。ヨガや瞑想、アーユルヴェーダ等を行ううえで重要視されており、大切なヒーリングスポットである。

チャクラについて詳しく解説

チャネリング

私達が生きている次元とは別の領域、高次元の領域に存在するものと、意識レベルで繋がり、コミュニケーションを行う・メッセージを受け取ること。はっきりと意識がある場合や、トランス状態で行われる場合がある。

チャネリングについて詳しく解説

トラウマ

大きな精神的ショックや恐怖が原因で起こる心の傷、精神的外傷。精神的外傷が突如蘇るフラッシュバックなど、特定の症状があり持続的苦痛を伴う場合は、急性ストレス障害と言える。また「PTSD」になる場合もある。

トラウマについて詳しく解説

ヒーリング・エンジェルヒーリング

スピリチュアル世界でのヒーリングは、「目に見えないエネルギーを活用して心身を癒す方法」を指す。エンジェルヒ―リングは、守護天使とつながることで日常のさまざまな場面において調和・癒しをもたらすもの。

ヒーリング・エンジェルヒーリング
について詳しく解説

引き寄せの法則

本人が望む・望まないとにかかわらず、その人が考えたことは何らかの形ですべて実現するという考え方。自分に起きる事柄はすべて自分のイメージから発生しているとも言い換えられる。

引き寄せの法則について詳しく解説

ビリオネア思考

母国インドや日本で数多くの事業を成功に導く実業家・サチンチョードリーの著書『大富豪インド人のビリオネア思考』では、インドに伝わる教え「ジュガール」がキーワードとして出てきます。

ビリオネア思考について詳しく解説

未来リーディング
・アカシックリーディング

霊界と交信できる能力を持った人間が、瞑想状態に入ってアカシックレコードにアクセスし、書かれた内容を読み解く技のこと。アカシックレコードには宇宙の全存在の過去~未来の歴史すべての記録があるとされる。

未来リーディング・アカシックリーディング
について詳しく解説

メディテーション・瞑想

心を静めて神に祈ったり、心を集中させて無心になったり、目を閉じて深く静かに思いを巡らすことなどを指す。5000年前に存在していたと言われ、ヨガにおいては「最高の知恵」とされている。

メディテーション・瞑想について詳しく解説

レイキ

人が自然体になったときに流れる「自然の気」「自然のエネルギー」のこと。意識しなくても常に流れており、誰でも使うことができる。ヒーリングや医療現場でも用いられる。

レイキについて詳しく解説

気功

古くから中国に伝わる医学療法の一種。気を高めることで本人の免疫力を高め、病気やケガの治癒に役立てようという発想。自分の気を高める「内気功」と、気功師から気をもらう「外気功」の二種類。中国には気功師の国家資格もあり。

気功について詳しく解説

ヨガ

インド発祥のエクササイズで、日本でも広く人気。釈迦もヨガを実践していたことから分かる通り、もともとは宗教行為。現代でも流派は多数存在。正しい「呼吸法」を習得することで宇宙と自分を結び、心と体を結ぶことが本来の目的

ヨガについて詳しく解説

ヒプノセラピー(催眠療法)

浅い催眠状態の中で潜在意識に働きかけ、本人が抱える問題を解決しようという心理療法の一つ。すでに有史以前から存在していた療法で、近代では、第二次世界大戦で心を病んだ人たちを短期間で回復させたことで知られるように。

ヒプノセラピー(催眠療法)について詳しく解説

オーラソーマ・カラーセラピー

1983年にイギリスで生まれたセラピー。上下の色が分かれたボトルを任意で選び、その色の組み合わせによって、本人の顕在意識と潜在意識を分析するという手法。本人の才能、人生の目的、将来の可能性などを読み取る。

オーラソーマ・カラーセラピー
について詳しく解説

マインドフルネス瞑想

瞑想の一種で、1979年に米国のジョン・カバット・ジン博士によって体系化されたメンタルトレーニング手法。集中力が身に付く、心が穏やかになるなど様々な効果が確認されている。業務の効率化を図る目的で、世界的な大企業も導入。

マインドフルネス瞑想について詳しく解説

ホメオパシー

200年以上の歴史を持つドイツ生まれの民間医療・代替医療。熱が出たときには熱を与えるなど「毒をもって毒を制す」医療のこと。フランスではホメオパシー診療に健康保険が効くなど、ヨーロッパを中心に一般的。

ホメオパシーについて詳しく解説

波動

万物から発せられている波形振動のこと。良い波動のある場所では気分が良くなり、悪い波動のある場所では事故が多くなるなど、人々の日常に波動は様々な影響を与える。気功やヨガ、生薬、鍼灸などは、波動を調整する手法の一種。

波動について詳しく解説

カルマ

現在の自分はすべて過去の自分の行ないの結果である、というヒンズー教の思想。現世での自分は、前世の自分の行ないの結果。来世をより良く生きたいのなら、現世での行ないをより良くせよという倫理的な教訓でもある。

カルマについて詳しく解説

プロテクション

他人が発する負のエネルギーから身を守る方法の総称。決まったやり方はなく、我流の方法でも効果があるなら問題ない。他人の負のエネルギーは自分に伝染してくるため、自分なりのプロテクションを身に付けることは重要。

プロテクションについて詳しく解説

前世・過去世

現世に生まれる前に営まれていた自分の人生のこと前世・過去世と言う。つまり現世の自分は、前世・過去世の自分の生まれ変わりであるという考え方。ヒンズー教のカルマの法則は、前世・過去世の発想をベースに置く。

前世・過去世について詳しく解説