神様からの贈り物 勾玉のすべて

スピリチュアル・自己啓発 パーフェクトバイブル

勾玉とは?

勾玉とは装飾品のひとつで、特徴のある「くの字」を描いたような楕円形をした、可愛らしいスピリチュアルグッズです。

形の由来についてはいろいろな説があります。

  • 三日月をかたどったもの
  • 動物の牙を模したもの
  • 胎児をまねたもの
  • 月と太陽(陰陽)をあらわしたもの

どの説も有力なのですが、スピリチュアルな観点から言うと陰陽説と胎児説が有望でしょう。

作られ始めたのは縄文時代と
されている

勾玉は縄文時代から作られ始めたと言われています。新潟県糸魚川(いといがわ)産の翡翠(ヒスイ)が原料となった勾玉が、遠く朝鮮半島や中国大陸の遺跡から発見されているほど歴史の古いスピリチュアルグッズです。

勾玉の歴史

勾玉の歴史を語るうえで、三種の神器に触れないわけにはいきません。

勾玉は古くは日本書紀や古事記に登場した、最も歴史の古いスピリチュアルグッズのひとつです。

天照大神の命を受けた瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が、高天原(神々が住む処)からへ葦原の中つ国(地上)へ降り立ち国作りを始めたとされる「天孫降臨(てんそんこうりん)」。その際に天照大神から授かった三種の神器が次の3つです。

  • 八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)
  • 八咫鏡(やたのかがみ)
  • 天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)

あまりにも有名なこの三種の神器は、それをもつ者がこの国を統べることを意味し、久しく日本を統治してきた天皇家に今も伝わっています。

天照大神が武装したときに
身につけたのが勾玉

天照大神が弟である須佐之男命(スサノオノミコト)と対峙する際に、「身を守るもの」として持てるだけの勾玉を身につけたと記述されています。このことから勾玉には守護する力があるとされてきました。

権力の象徴として使われた勾玉

天照大神が用いた勾玉は権力者の象徴となりました。神道が重んじられていた時代は、神と同じく勾玉を身にまとい、自分はスピリチュアルな存在であると表現していたのです。ときの天皇は三種の神器と同じ床で寝ることで、その神聖さを保つとされました。現在でも八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)を始めとした三種の神器は、陛下の寝室のとなりに作られた「剣璽の間」に安置されています。

高貴な人を埋葬する際に
副葬された勾玉

持ち主を災難や悪霊から守るものとして重用された勾玉は、その時代の権力者や高貴な身分の人が亡くなったときの副葬品として使われました。今でも韓国では埋葬の際に勾玉を入れる風習が残っています。

神道で用いられてきた勾玉

勾玉を作ったのが日本の神様とされているので、もともとは神道の教えによって使われてきたものと考えられます。飛鳥時代に聖徳太子による神仏習合がなされ、国の催事に仏教が取り入れられました。その影響で勾玉を使用することが少なくなり次第にすたれていったという説があるほど、神様と密接につながったスピリチュアルグッズです。

一般市民が勾玉を知ったのは
江戸時代以降

江戸時代に入っても一般市民には勾玉の存在はあまり知られておらず、ごく一部の知識人の間でのみ愛用されていました。オランダからやってきた医師シーボルト氏は勾玉に興味をもち研究をしていたそうです。氏は著書「日本」の中で、勾玉を「教養ある日本人が好んで思いをはせるもの」と記載。勾玉が文化レベルの高い人たちの間で伝わってきたことが想像できます。そして江戸時代に進み始めた「神仏分離」の流れから、徐々に神道の儀式が復活し、勾玉の存在も広く知られるようになりました。

勾玉のもつ効果

勾玉は「守護の力」をもつスピリチュアルグッズであるほかに、いろいろなパワーを持っています。

諸説ある勾玉の形の由来から有力な陰陽説と胎児説をもとに、その効果を紹介します。

陰陽説

太陽(陽)と月(陰)は地球にとってどちらも欠けてはいけない存在です。太陽により大地は育まれ、月により潮の満ち引きが生まれる。2つがうまくかかわり合うことで、地球に自然の恵みがもたらされています。そのバランスを表現したのが勾玉。頭の丸い部分が太陽で、尾が三日月と見なされています。2つのエネルギーが合わさった勾玉の姿に古代の人々は宇宙を感じ、崇拝の対象としてきたのです。

陰陽説が表す勾玉の効果

宇宙のパワーをもつ勾玉を数珠つなぎにして身につけると霊力を授かるとされています。また勾玉に糸を通すことで、先祖とのつながりをより強固なものにしているのです。

胎児説

胎児は母体にいる10カ月の間に、平均50cmも成長します。人間が肉体的に一番成長するのが胎児で、そのパワーははかりしれないものです。勾玉はその胎児の姿を模した「あふれ出るエネルギーの源」とされ、身につけることで生命エネルギーを上げると言われています。

胎児説が表す勾玉の効果

生命エネルギーを上げると同時に、常にインナーチャイルドの存在を感じられるスピリチュアルグッズと言えます。生まれてきたときに確かに持っていた生命エネルギーを無意識が思い出すきっかけとして、勾玉はとくに効果を発揮するでしょう。

バランスの大切さを
教えてくれるスピリチュアルグッズ

宇宙のエネルギーと生命エネルギーを併せ持つ勾玉は、陰陽のバランスを取りながら内なる生命エネルギーを発揮する大切さを教えています。

これは持っているだけでOKというものではありません。すべてのスピリチュアルグッズはその意味を知ることが大事です。勾玉の意味を知り意識を真髄に向けて初めてスピリチュアルな流れが始まります。ディフェンスとオフェンスのバランスをとりながら、万全の体制を整える手助けをしてくれるスピリチュアルグッズなのです。

勾玉の使い方

勾玉は身につけることで
最大の効果を発揮する

勾玉は身につけることをおすすめします。ペンダントやブレスレッドなど衣服の上や直接身体に触れさせて使うことで、生命エネルギーをより高めてくれます。アクセサリー感覚でOKです

いつでも勾玉に触れるように
すると良い

アクセサリーとして使うのに抵抗があれば、携帯ストラップにしたり小さな布袋に入れたりしてもいいです。気になったときにいつでも触れるように、いつも身近に置いてください。

勾玉に使う石の種類と
その効果

勾玉はその形からだけでなく、使われる石によってプラスアルファのパワーを発揮してくれます。ここではその一例を紹介します。

  • 翡翠(ひすい)
    人間関係を良くする、事業運アップ、長寿
  • 水晶
    直観力やイメージ力をアップ、心を穏やかにする、浄化、潜在能力を引き出す
  • ターコイズ
    友情運アップ、災害を遠ざける、冷静に判断できるようになる
  • メノウ
    肉体や精神を癒す、団結力を高める、厄除け
  • アメジスト
    感情をコントロールする、邪気払い、安眠を促進させる
  • ローズクオーツ
    トラウマや心の傷を癒す、コンプレックスを解消する、愛情運を良くする
  • タイガーアイ
    勝負運を向上させる、積極性が高まる、決断力がつく

自分の目的に合った石で作られた勾玉を選ぶと良いでしょう。

勾玉はすぐに効果が
出るものではない

勾玉のもつ効果はバランスをとりながら生命エネルギーを増幅させること。なのですぐに効果を実感はできないことがほとんどです。身体に負担をかけないように、バランスをとりながら内なるパワーを強化してくれる勾玉。焦らずに長いお付き合いをする感覚で使うべきスピリチュアルグッズです。

勾玉の選び方

まずは手に取ってみる

勾玉を選ぶときは、相性が良いかを確認すると良いでしょう。色や大きさ、素材だけでなく、実際に手に取って身につけたときの自分をイメージします。そのときに違和感やいやな感覚がなければ持っていてもOKです。

オーリングでチェックしてみる

さらに深い相性を調べたいときには、オーリングチェックをするのをおすすめします。

  • まず親指と人差し指で輪っかを作り、もう一人の人にその指同士を軽い力で引っ張って、ぎりぎり外れないぐらいの力加減を確認します。
  • もう一方の手で欲しい勾玉を手に取ったあと、先ほどと同じ力加減で外してもらいます。
  • 輪っかが外れることなく、軽い力でも保てているなら相性が合う証拠。簡単に外れてしまったら合わない証拠です。
  • 1人ではできないチェック方法ですが、ぜひ試してみてください。

勾玉を使っている方の口コミ

失くしてみて初めて勾玉の強さがわかりました

数年前のスピリチュアルブームにのって勾玉のパワーストーンを購入。ペンダントトップになっていて、紐を通してペンダントとして使っていました。使っている間はとくに幸運なことも不運なこともなく、平々凡々に過ごしていたので「勾玉って効果あるのか?」と疑心暗鬼。今考えると大変失礼なのですが(笑)。ある日気がつくとペンダントがなくなってしまいました。効果を感じていなかったので放置していたところ、友人と口喧嘩してしまい距離が出来てしまいました。またなんとなく調子が悪い日が続いているのに気づき、「もしかすると勾玉を無くしてしまったから?」と思い改めて購入。激変ではないけれど、少しずつ平穏な日常を取り戻すことができました。

勾玉がどんどんくすんでいくんです

旅行が好きであちこち行くのですが、場所によってはペンダントにしている勾玉がくすんでしまうのです。逆にキレイにぴかぴか光るような感じになる場合も。場所の気を吸っているのでしょうか、勾玉を見ることで気の良い場なのかそうでないのかがわかりますよ。