奏でる音で癒しの効果を増すヒーリングチューナー

スピリチュアル・自己啓発 パーフェクトバイブル

ヒーリングチューナーとは?

ヒーリングチューナーとは別名、音叉(おんさ)とも呼ばれる、U字型をした金属製の道具です。底部に柄がついており、U字型の部分を、マレットと呼ばれるバチで叩くと、ゴーンという空間そのものを震わせるような鈍い音が周囲に響き渡ります。科学的根拠はありませんが、ヒーリングチューナーの奏でるこの鈍い音が、雑念を払い、人の心をリラックスさせ、場の空気までも浄化させるといわれています。大きさ、種類、奏でる音の周波数も、実にさまざまなものがあり、マレットの代わりにクリスタル(水晶)と合わせて音を奏でるものもあります。これらは一般的にクリスタルチューナーとも呼ばれています。

ヒーリングチューナーの使い方

使い方としては、何となく気分がイライラする、体調が悪いといったような心身を浄化したい場合、もしくは空間や物に対して浄化をおこないたい場合で少し変わってきます。

心身の浄化をおこないたい場合

片手で軽くチューナーを持ち、もう片方の手でマレットか水晶を持って叩き、音を奏でます。そのままチューナーを耳のそばまで近づけ、音のパワーが奏でるエネルギーや波動を、五感を使って感じとるようにします。

空間やアクセサリーなどの物に対して浄化をおこないたい場合

音を奏でたあとチューナーを、円を描くようにゆっくり回し、空間や物にエネルギーや波動を送り届けるようにします。

浄化が完了したと自分の心が感じとるまで、何度鳴らしても構いません。また、さまざまな周波数のチューナーが販売されているため、選ぶときも迷ってしまいがちです。そんなときは、基本とされている4096Hzのチューナーがお薦すめです。

ヒーリングチューナーを使用した瞑想

心と身体のコンディションを整える「瞑想」。このセッションをおこなう前後にヒーリングチューナーを使って空間と心を浄化すると、相乗効果が期待できます。

目を閉じ、雑念を忘れて自分の呼吸だけに意識を集中する瞑想と、チューナーが奏でる波動を五感を使って感じとりましょう。悩みや考え事を一旦リセットして、自分自身の内面と向き合います。こうすることでメンタルが整い、新しい自分自身へステージアップすることができます。瞑想のやりかたはこちらをご覧ください。

ヒーリングチューナーの音の癒しの根源

スピリチュアルな世界は、科学的根拠がないと言ってしまえばそれまでですが、ヒーリングチューナーが奏でる音のパワーは、確かに人の心を癒す効果があります。それは、母親のお腹の中でまだ胎児であった頃、誰もが母の温もりに包まれ、羊水の中で眠りながら、大きく揺らぐ波長や波動を感じとっていました。言葉が伝わらないから、波長やエネルギーを通じて母親と交信するのです。それはまるで宇宙と交信しているような神秘的な世界です。多くの人が癒しを感じるのは、そのせいなのかもしれません。

音瞑想などを取り扱う書籍やCD

空間にある波動、エネルギーは目に見えないものですが、人の心や体、その場所自体に与える影響は計り知れないものがあります。この「空間エネルギー」を劇的にコントロールすることができる女性音楽プロデューサーが存在します。彼女の名前は村山友美さんといいます。

空間音楽プロデュースのほか、音、声、波動の研究を重ね、70本近い音叉や惑星ハンドタイム、琴、クリスタルボウルなど様々な楽器と声を使い、まるで小さな宇宙ともいうべき人体の約60兆の細胞に癒しの音を届ける、エネルギー、サウンドヴォイス・セラピーを開発。

そんな村山友美さんがお届けする最新版『聴くだけで「引き寄せ」が起こるCDブック』、そして『あなたの声と音が、すべてを浄化する 3分間で幸運美人になる <音の魔法>』は、最近ついていない…、そんな方にぴったりな書籍とCDです。空間の波動をコントロールして邪気を払い、自然に幸運を引き寄せてくれる引き寄せパワー。そしてCDの音とあなたの声を使った浄化でスピリチュアルな世界をぜひ体験してみてください。