スピリチュアル・自己啓発 パーフェクトバイブル

感情をポジティブにするフラワーエッセンスのすべて

スピリチュアル・自己啓発の完全ガイド » 運命を変える力になる!スピリチュアルグッズを紹介 » 感情をポジティブにするフラワーエッセンスのすべて

フラワーエッセンス

フラワーエッセンスとは?

フラワーエッセンスは、環境汚染のない場所で育った野生の花がもつエネルギーを、水に抽出したもの。水が入ったボウルに摘み取った花を浮かべ、朝陽を2~3時間当てて作られています。豊富な種類のフラワーエッセンスがあり、それぞれの性質によって私たち人間の心をさまざまに癒してくれるのです。

フラワーエッセンスの実践方法

フラワーエッセンスには、さまざまな実践方法があります。一番効果的なのが、フラワーエッセンスを飲む方法。コップ1杯の水またはハーブティーに、フラワーエッセンスを4滴ほどたらして飲んでみましょう。または、そのまま舌にのせて口に含んでも大丈夫です。1日4回以上、1回につき2滴を起床時やお昼、就寝前に飲むと良いですよ。
他にも、化粧水や乳液に混ぜて肌のお手入れに使用したり、お湯を張ったバスタブに10~12滴たらして入浴するといった方法もあります。
また、数種類のフラワーエッセンスを混ぜて使用することもOK。その際は、一度に使うフラワーエッセンスを3~5種類にしましょう。なぜかと言うと、組み合わせる種類によって効果が変わってしまう可能性があるから。フラワーエッセンスが持つ性質を理解して、あなたが1番必要だと思うものを取り入れてください。

フラワーエッセンスの歴史

フラワーエッセンスは、1930年代のイギリスで、医師であるエドワード・バッチ博士によって作り出されました。医師として長いあいだ病気の治療や研究に携わったバッチ博士は、人間が病気になる根本的な原因は心の不調にある、と考えました。その不調を癒すために調査をした結果たどり着いたのが、自然の力で咲く花たちを用いたフラワーエッセンス。バッチ博士は、現在のフラワーエッセンスの元となる39種類のエッセンスを生み出します。
その後バッチ博士は、フラワーエッセンスの作り方を公にし、多くの人に教えました。世間に広まったことで、フラワーエッセンスは世界中で利用されるように。今ではヒーリングやセラピー方法のひとつとして広く使用されています。

フラワーエッセンスの効果

フラワーエッセンスには、薬のような化学的作用はありません。しかし、私たちの精神や感情に対して、プラスの方向に導く効果があります。フラワーエッセンスの力を借りることで、自分が今もっている感情がどこから起こるものなのか、向き合うことができるのです。
「自然の力で自生した花がもつパワーを受け取る」というスピリチュアルな行動が心を癒し、感受性をコントロールできるようになります。今までは漠然と「イライラする」「なんだか気分が沈んでしまう」と感じていたのが、フラワーエッセンスを使うことによって冷静に捉えられるでしょう。「どうしてイライラしているのだろう?」「なぜ気分が沈んでしまうのだろう」とネガティブな気持ちに立ち向かい、ポジティブな感情を取り戻してください。

フラワーエッセンスの実践例

フラワーエッセンスのおかげで、悪かった両親との仲が…

私は両親との仲がとても悪くて、子どもの頃から虐待を受けたり、発言を否定されたりと存在を受け入れてもらえませんでした。早く親元を離れたい、と思っても頭ごなしに否定されるので、家を出ることができなくて…。幼少期の辛い経験を思い出しては、ふさぎ込むようになりました。今でも、両親とは大ゲンカをすることもしばしば。
どうにか気持ちを楽にしたいと考え、調べて辿り着いたのがフラワーエッセンスでした。「心に傷を抱えている方におすすめ」と書いてあったエッセンスを見つけ、すがるような気持ちで飲んでみることに。飲み始めて2週間ほど経つと、昔のことを思い出してもつらい気持ちを感じることがなくなったんです。しかも、以前と比べて両親とのケンカが減りました。こんなに効果があると思っていなかったので、とても驚いています。
まだ両親との仲は良好とは言えませんが、いつか良くなると信じて、このエッセンスを飲み続けていきたいです。