魔を祓い空間を清浄に保つドリームキャッチャー

スピリチュアル・自己啓発 パーフェクトバイブル

ドリームキャッチャーとは?

ドリームキャッチャーとは、アメリカインディアンの部族「オジブワ族」に伝わる装飾品のひとつです。網の目状に糸を張った輪っかを中心に、鳥の羽根やビーズなど、インディアンにとって神聖なもので飾りつけをしたスピリチュアルグッズとなっています。

ドリームキャッチャーの用途は、悪い夢をつかまえて良いエネルギーに変えるというもの。浄化グッズのひとつとして大事にしたいアイテムです。

インディアンにとっての夢とは

インディアンに古くから伝わる説によると、夜の世界は良い夢と悪い夢が発する気で満たされていると考えられていました。夢の良し悪しで、夜の世界が変わると考えていたとも言えます。そこでドリームキャッチャーのパワーを使い、魔を追い払っていました。良い夢は穴をすり抜けて羽根をつたって降りてきてもらい、悪い夢はキャッチャーでつかまえて明け方の太陽の光で滅ばせたのです。

ドリームキャッチャーの歴史

オジブワ族が発祥の
ドリームキャッチャー

アメリカインディアンのオジブワ族によって、作り出されたとされるスピリチュアルグッズです。作り始めた時期は不明ですが、インディアンに伝わる伝説に登場するほど古くからあったようです。

物々交換により広がった
スピリチュアルグッズ

もともとは部族内でのみ使われていました。1960~1970年代のパン・インディアン運動により部族間の物々交換が盛んに。それに伴い他の部族へと伝わったとされています。

材質を変えながら伝わっていく
ドリームキャッチャー

インディアンが用いる伝統的なドリームキャッチャーの材料は、次のようなものです。

  • 柳の枝をまげて作った輪
  • 鹿の腱(骨と筋肉を結び付けている組織)
  • 鳥の羽根
  • 矢じり
  • ターコイズ(トルコ石)
  • ビーズ

柳は輪廻転生を、鹿は大地の恵みを表し、鳥の羽根は神様と交信するための道具として、ターコイズはネガティブなエネルギーを払いのける効果があります。またビーズは1つ使いでクモを表し、複数個使うと沢山の良い夢が生まれるよう祈りが込められているとのこと。クモが流した涙を表しているとも言われ、とても神秘的なメッセージをもたらしてくれています。どれもインディアンにとって、身近でありながら聖なる意味をもつものばかりです。

ドリームキャッチャーの特徴

ドリームキャッチャーは時代とともにいろいろな素材が使われ、形を少しずつ変えてきました。キーホルダーやイヤリングのようなアクセサリーにもなりましたが、変わらないのがクモの糸が張られたような輪っかです。

輪はフープ(強さ、団結力、強さ)を意味するモチーフで、現代でもフープダンスという儀式が行われているほど大切な意味を持っています。

ドリームキャッチャーの効果

ドリームキャッチャーの効果には、次のようなものが挙げられます。

悪い夢をつかまえる

夜の世界に蔓延する悪い夢をつかまえてくれます。寝室に置くことで、寝ている間にネガティブなエネルギーをキャッチ。つかまった悪い夢は、朝日を浴びて浄化されていくそうです。

良い夢を識別し、
私たちに届けてくれる

輪っかの中のクモの糸は「ふるい」となり、良い夢だけを通り抜けさせて私たちに届けてくれます。一説によると「届けられた良い夢から多くのアイディアを受け取り、世の中を良くするために動きなさい」というメッセージが込められているそうです。

ドリームキャッチャーの
使い方

ドリームキャッチャーの使い方を紹介します。

枕もと近くの窓に飾る

ドリームキャッチャーがつかまえた悪い夢を朝日で浄化するために、朝日が入る窓際に吊るします。朝日の入らない寝室で寝ているのであれば、ドリームキャッチャーをきっかけに部屋を移すのも良いでしょう。

定期的に吊るす場所を移動させる

一説によると、ドリームキャッチャーは長期間同じ場所に置くとパワーが弱くなると言われています。定期的に吊るす場所を移動し、常にパワフルな状態で動いてもらえるようにしてください。

キャンプのおともにする

キャンプのような屋外で過ごす一夜を魔から守り、ポジティブなエネルギーに変えてくれます。窓のないテントもありますので、出入り口や枕元など朝日を最初に浴びる場所を確認して飾ってください。

使用上の注意

・羽根をつたって降りてくる良い夢を受け取るため、寝室に飾るのが必須条件と言えます。ドリームキャッチャーの本来の効果を得るために、朝日の入る窓際に吊るすようにしましょう。

・とても繊細に作られているアイテムです。むやみやたらに糸をいじったり、折り重なるように保管したりするのはおすすめしません。

・水気が苦手な素材なので、お風呂や洗面台のような場所での使用は控えましょう。

ドリームキャッチャーの種類

現在市販されているドリームキャッチャーには、いくつかの種類があります。

  • 窓際に吊るすベーシックタイプ
  • キーホルダー・ストラップタイプ
  • ピアス・イヤリングタイプ
  • ペンダントトップ

本来の用途を大事にするなら、キーホルダーやピアス、ペンダントトップは誤った使い方だと言えます。しかしながらファッションとして捉えられている感もあるドリームキャッチャーは、使い方の自由度が高いスピリチュアルグッズだと言えます。また、使い方が間違っているからといって、悪いものを呼び込むことはないと言われています。

ドリームキャッチャーとは
似て非なるもの

よくドリームキャッチャーと間違われるのが「マンデラ」と呼ばれる装飾品です。魔除け効果をもつ飾りで、居間などに吊るすもの。これなら朝日や夢にこだわる必要がないので、車内の装飾やキーホルダーにも力を発揮してくれそうです。

ドリームキャッチャーの
作り方

ドリームキャッチャーは手作りできるスピリチュアルグッズです。材料はすべて100均で買えるお手軽さ。ぜひトライしてみてください。

  • 材料
    丸い枠(刺繍枠が使いやすい)、毛糸やスエード紐(丸い枠を装飾するもの)、たこ糸や毛糸(網状に張るもの)、ビーズ、羽根飾り、接着剤
  • 作り方
    丸い枠を毛糸やスエード紐などを巻く → たこ糸や毛糸を丸い枠に網状に張る → 丸い枠に羽根やビーズを垂れ下がるようにつける

材料はお手軽に揃うのですが、丸い枠に糸を網状に張り巡らせるにはコツが必要です。星形のようにシンプルに巻く方法なら、比較的簡単に作れるでしょう。ぜひ自分の好きな色や飾りを使って、お気に入りのドリームキャッチャーを作ってみてください。

ドリームキャッチャーを
使っている方の口コミ

象徴的な夢を多く見ます

友人のアメリカ旅行のお土産でもらいました。サンキャッチャーみたいなものかなと思い、特に深く考えず寝室の窓際に飾りました。詳しくは覚えられないのですが、最近見る夢が何かのメッセージのように象徴的です。同じような内容を何度か見ることもあります。調べてみたら夢にまつわるグッズでした!なるほどと思いましたが、見た夢の解釈ができないのが残念。使い続けることで、より分かりやすいメッセージを受け取ることができるようになったらいいですね。

悪い夢を浄化するアイテム

購入した店舗で「良い夢をキャッチするための道具です」と言われたので、ずっと「棚ぼたで良いものがもらえるアイテム」だとばかり思っていました。しかし実際には棚ぼた体験はなく、何も起こらない平穏無事な毎日を送っていたんです。多少お値段が張る品物だったので改めてネットで検索したら、「悪い夢をキャッチして朝日を浴びさせて滅ぼす」とありびっくり!そりゃ平穏無事な毎日なわけです。意外なところで棚ぼたな日々を送っていました(笑)。